3920. 相手のあること

訴訟は相手のあることだ。

検察への告発は地検で「返戻」してくれたが、弁護士懲戒請求書は「弁護士会」で止まることなく被懲戒弁護士の元にダイレクトに届けられたのは、余命の計算外だったのだろうか?

民事訴訟は、相手に訴状が届く。訴訟したと言ってから、更新を停止しても、「訴状がないぞ!」と呟かれてしまうと、エアなのがバレてしまう。

どうして、そうも、すぐにバレる嘘をつくかね?と神原先生の7億円の時に思ったが、神原先生は「きてないぞ!」と呟かないと知ってたのならば、すぐバレる嘘ではないのかもしれない。

余命2721記事(2018/11/8)・・・・この嶋﨑量弁護士は小物として各チーム訴訟から外していたが、この一連の流れの中で、佐々木、北、小倉、神原とともにめでたくリストアップ提訴という報告があった。

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/11/08/2721%e3%80%80%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a396/

こちらは「主体」もチームと逃げてるし、提訴したと過去形にもしてない。

まだ出てないようですよ、佐々木先生。