3917. ククリーナさんまとめ

ククリーナさんから、色々とクレームを受けた。

1、香山リカ亡命資金については、ノース先生へリツイートの形でお知らせしつつ、正式に返還要求を出すようにツイートしておきました。以後は当事者の間でのことになる。

2.  高須先生に泣きついたのは、「愛国サセボン」だったかもしれない。そこは混同してたことを謝罪して訂正します。

3. 誰かに煽られたわけではないとの主張については、ブレイクダンスと自分でも言われているように、踊らされ感があったのは否めない。

4.  小坪市議に煽られたのではないが、橋下と「弁護士自治を考える会」なのは間違いなさそうだ。


以下、時系列

最初の佐々木先生のツイートは3月30日



小坪市議が余命支援を言い出したのが4月22日

和解とカンパのお願いが出たのが4月25日。

高島・橋下・猪野弁護士が参戦してきたのは、5月16日の二人の弁護士の記者会見の前後からだ。 

「弁護士自治を考える会」が二人に懲戒請求を行なったと産経新聞が報道したのは5月24日。小坪市議が自分もプロとして懲戒請求を出すと行ったのが5月21日(結局、市議は出さずに逃げたけど)

ククリーナさんのnoteが6月8日、実際に懲戒請求を提出されたのは、いつだろう?

非行弁護士の口から請求者の情報が出ている事から確実に個人情報は筒抜けと見るべきだろう。

個人情報を問題にしてたのは余命と小坪市議

市民団体の方や小坪先生の介入で弁護士サイドが不利という情報もあるけどにも拘わらず懲戒5人衆は依然として余裕・・・かと思いきや今まで挑発的なツイートしてたのに急に静かな感じ(というか無難?)がするしで本当にどうなっているのか判らない。(正直、ツイートの内容をパロメーターにしていました)

「小坪先生」出てますな。

『それは出来るだけ第三者にも見てもらうことだった。
ギャラリーを集めてそれを監視の目にしようと考えた。一連の懲戒請求のツイートはただのブレイクダンスじゃないよ。』

集めたギャラリーの中に小坪先生は入っていないとは思えない。あれだけ余命関連で連続ツイートをかましてたのだから。5月頭にはトレンド1位にもなった。ギャラリーの顔を演者は見る。ギャラリーがなんといって囃し立てるかも聞こえるのも当然だろう。

それでもやらないと懲戒5人衆が調子に乗るからやってやろうと思った。

五人というのは、ツイート一発組のことだ。なべきょう先生まで知ってるということは、余命ブログ関連も読み込んだのだろう。小坪市議のブログを読まなかったとはとても思えない。

1つだけ言いたい。私は「狂信者」という言葉を使った覚えはない。ファンと狂信者の違いは大きいと私は思うが、ククリーナさんの中では同じことなのだろう。

むしろ私は、ククリーナさんが余命信者だと言う三宅氏に「違う」と指摘してブロックを食らった方だ。それだけは主張しておく。

三宅元議員の「刑事告訴云々」を取り上げた黒藪氏は押し紙問題で小坪氏とも仲が良い。三宅元議員とも揉めているククリーナさんが、黒藪氏のことは知ってて、その関連から小坪市議が視野に入ることも十分にあるとも思う。

https://yomeiblog.com/2018/10/06/3717-%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%ab%e3%81%af%e8%83%8c%e6%99%af%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b/