3879.ネオ@オーベルシュタインの犬さんへ宿題

シンシンも一緒に考えてくれてもいいよ

以下の4つのスクリーンショットは、余命が第六次の懲戒請求書として、余命読者に配ったもの。ブログにはUpされてないので、一般人は知らない。私は「和解組」の中でコピーを取って管理してた人から頂いた。迂闊な懲戒請求者は第六次については、余命から送りつけられてきた「原本」を送り返すと手元に何も残らないため、誰に「懲戒請求」したかわからないと言う喜劇が生まれた。

私は3716.一見さんへと言う記事にPDFをupしておいたが、スマホ族はPDFが見えないらしいので(私はガラケーユーザー)スクリーンショットを改めて掲載する。

余命の懲戒請求書は、本当にこのペラっとした1枚文だけでなんの証拠もついてない、ツイート一発が理由だ。

このツイートが「品位に欠ける」理由が、あなたに説明できるのだろうか?

実物を見てから騒いで欲しいものだ。

通し番号234

通し番号233


通し番号235

通し番号232

こんな逃げを打つくらいなら、最初から議論にでしゃばってこないで欲しいもんだ