3834. 王手飛車取り

かつて、小坪市議はブログに書いた。

王手飛車取りとは、弁護士がわのセリフだと思う。

和解した人の情報は、本来なら弁護士さんは他人に漏らすことはない。しかし、裁判が始まってしまえば、和解しなかった人、そこでの態度の悪かった人の情報は「公開」となる。

和解した人を探し出してきて訴えるよりも、裁判所で負けが確定した愚かな羊を見つける方が、確実に葬ることができる獲物として手取り早いのだ。ブルブル震えるのを見て楽しむのも、自由。抵抗しやがって!と、火に油を注がれるのも自由。

実際に、神原先生が相手にしている一号信者(女性)のことを、金哲敏弁護士が訴え直している。和解は次々狙われるとアンチ悪魔は言うが、敗訴こそ次々狙われるのだ。

他人がいくら「神経を逆撫でされた」と言おうとも、被害者当人が「真摯な謝罪と受け止め無罪放免してやった」事実に勝るものはないのだ。

866マンセー名無しさん2018/11/14(水) 07:11:20.57ID:v6zPixoX >>865
和解金を支払わず戦っても後から裁判を起こす弁護士が出てきたら結局大損するかもしれん
他の人と和解してるという事情を話せば手心を加えてくれたかもしれないのに、戦いを選んだりすれば容赦してくれないかもしれない

何を選んでもリスク莫大な状況やで、王手飛車取りかな?
867マンセー名無しさん2018/11/14(水) 07:11:38.88ID:uci8cyki >>861
和解のほうは弁護士側で条件を調整出来る余地がある

神原弁護士のようなネトウヨは焼き尽くせヒャッハー!な弁護士はわからんがw
佐々木弁護士のような人権派弁護士は、真摯な謝罪と自分の言葉での説明があれば
貧乏人から身ぐるみ剥ぐような真似はせんはず。5万円を10回分割払いに
負けてくれるぐらいの、人道的な振る舞いを知っているだろう

>>862
「手紙一つで5万円」が「書留郵便と裁判所への出頭3回で50万円」に変わるだけだ

しかも5万円で和解した人のリストは双方に守秘義務が課されて葬られる
裁判で負けて50万円払う人のリストは全国の裁判所で公開されて誰でも閲覧可能の
カモリストとして永久にさらし者にされる

どっちが悪手だか子供でも分かるよね
君らが余命とか言う詐欺師に欺された可哀想な人だと思うから、わざわざ言ってんだよ
868マンセー名無しさん2018/11/14(水) 07:12:02.09ID:Vb1CEAq+ 佐々木と北の第一波攻撃の6人は弁護士使うのがベストだな
いくらになるだろうな
6人なら1人当たりの負担は大したことないだろう

873マンセー名無しさん2018/11/14(水) 07:22:07.50ID:UTw8uMVh >>862
懲戒請求って告訴状みたいな内容だろ。虚偽記載とか業務妨害目的でやったら反撃喰らっているのが今www
俺が金弁護士に訴えられていたら、初回で事実は認めて多少のお目こぼしとせめて分割は認めて…って和解したいと申し出る。
この和解は上訴できないから意味がある。
874マンセー名無しさん2018/11/14(水) 07:33:30.29ID:qIlHmLO4 実際裁判になったら素直に非を認めて和解したいと申し出るのがいいんだろうな
裁判官と原告側は手間が省けて、被告も支払う金額低く抑えられて
三方ヨシだぞ

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります