3730. 次は余命関連で

取材を受けて欲しいです。その際には、ぜひ、カンペ無しでお願いします。

きっと、すごく緊張して、余計なこと言わないように=書かれないようにって警戒しまくった結果が、あの「こちらの段取り通り」道から外れないように、という臨機応変なやりとりの出来ない「子供のお使い」のような態度だったんでしょうね。

あれでは東京からわざわざ会いに行く意味がない。

本当に百聞は一見にしかずでした。ブログだけ見てたら、わからないことが多かったです。イメージと違ったなぁ。

(ちなみに、時間の節約のためにyoutubeの文字おこし機能で私は読むのですが、文字として一番、正しく出る発音をするのは、せんたく、余命、小坪の中では「せんたく」だった・・・・youtuberを見直した。)

今回は保守速報だけでしたが、政治家の会合で5分で話をまとめる技とか、議会質問で官僚のカンペ無しで答える技とか、披露するには良い機会だったのに、とても残念でした。

国政の舞台に立つには、というか、国政の選挙演説すら無理でしょうね・・・

成長に期待します。

余命関連という痛いところを攻撃されれば、相当に政治家として鍛えられるでしょう。

「売れ残った本を売る」

余命本、売ってあげてね。

パズフィードの記事はこちら

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00010005-bfj-sci&p=3

「ゴミ」「ボケ」「ゴキブリ」などの言葉は許されるのか

判決について言及しないとしても、保守速報が記事中で用いた「ゴミ」「ボケ」「ゴキブリ」などの罵倒や「日本から叩き出せ」などの人種差別的な言葉は許されるのだろうか。小坪議員に重ねて聞いた。

「そのコメントは、保守速報の管理人が書いたわけではない。コメントを紹介しただけで『ヘイト』となると、寿司屋が包丁を持っていて、それを誰かが奪い、それで人が刺されたら寿司屋の責任になるという論法も成り立つと思います」

判決では、保守速報の各記事は、運営者が一定の意図に基づいて新たに作成したものであり、引用元の2ちゃんねるのスレッドなどからは独立した表現行為であると認定された。

つまり、表題(見出し)を作成し、その見出しのもとに一部のコメントを選択し、並び替え、表記文字を拡大、色付けをするなど加工、編集すれば、それは一つの新たな記事であり、責任は、これをまとめた側にあるとされた。

(以上、引用)

私は余命ブログや2チャンネルを引用しているが、意図して選ぶし、言葉を足すことにより、賛成否定どちらの立ち位置かを明らかにしている。編集というのはそういうものだ。

私は「まとめ」に意図があるからには、責任もあると思っている。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります