3724. 速報

余命の懲戒請求関係の裁判の傍聴を、せんたく氏がやってくれている。平日には仕事がある身としては、ありがたい。

関係者の中で一番最初の判決が出たとのこと。

50万円の請求に対して、答弁書のない、被告欠席の場合、2回目で結審。30万円の損害賠償プラス3万円の弁護士費用=合計33万円とのことです。

ttps://www.youtube.com/watch?v=-D4n7OYUZBg

お疲れ様でした。これが判例となり、金弁護士の関係では似たような判決が続々と出てくることでしょう。少なくとも一人5万から10万の和解金の方が安かったですね。

差別と結びつけるのが金竜介弁護士の狙いだったはずですが、その辺が認められたかどうかについて、詳細な報告を今後よろしくお願いします。

あなたが余命と対談していたのは、第六次と呼ばれる懲戒請求書の署名を集めて発送していた最中です。あなたも加担した側であることは間違いない。その責任として傍聴に行く態度は貫いてください。

 

絶対王者の弁護士さんたちの代わりにあれこれ言われるのが面倒になって、一旦、更新を停止したのですが、以下のような記事が出ていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00000013-sasahi-soci&p=1

佐々木弁護士は7月、大阪市のサーバー管理会社に対し、懲戒請求を呼び掛けたブログ運営者の発信者情報の開示を求める訴訟を大阪地裁に起こしており、ブログ運営者を特定次第、刑事責任を追及する方針だ。和解に応じない請求者に対しては全国規模の弁護団を結成し、損害賠償請求の準備も進めている。佐々木弁護士の意図は明確だ。

「他人に著しい迷惑行為を及ぼすネット右翼の人定と社会的責任を明確にすることで、同様の被害を抑止したい」(佐々木弁護士)

この記事の取材から、発表までのタイムラグがどのくらいあったのか、知りません。北先生は弁護士事務所を動いてしまって、勝手気ままな独立営業ではなくなった動けないのか、それとも、弁護団の規模が大きいから動きが遅いのか。和解した人が、たった20人ということは、940人を相手に割り振りに手間がかかっているのか、私は知りません。知る立場にもありません。

私はただ、見守るのみです。

もし弁護士が全員訴えなかったら自分のしたことは余計なお世話だったとか言ってるが違うだろ
詐欺の協力者って言うのが正しい
到底認められない賠償請求をさも妥当だと思わせること、和解金が安いと勘違いさせることに協力したんだから

 

全員を北先生たちを訴えない場合、逃げ得になる人が出ますが、「他人に著しい迷惑行為を及ぼすネット右翼の人定と社会的責任を明確にすることで、同様の被害を抑止したい」このようなことを言うからには、全員を訴えてくれるものと私は信じます。

以下、コメントから情報もいただきました。

5ちゃん余命関連スレ
「【余命vs弁護士】<大量懲戒請求>在日弁護士への名誉毀損認定 男に賠償命令 東京地裁」
にて、金竜介弁護士原告の判決(恐らく第一号)が出ていますね。
結果を貼っておきます。
◇東京地裁判決
在日コリアンの排斥を訴えるブログを読んだ男性から根拠のない懲戒請求を出されて名誉を傷つけられたなどとして、金竜介弁護士が請求者の男性を相手取り55万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。浅香幹子裁判官は、金弁護士側の主張を認め男性に33万円の支払いを命じた。スレのソース
>10/23(火) 15:51
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000050-mai-soci引用ここまで55万円の訴額に対し33万円の判決。一部で言われていたような5万円という低額ではなかったですね。
6掛けの金額というのは、大体相場の通りなのでしょうかねえ。
被告は恐らく一度も出廷しなかった模様。答弁書はさすがに出したかと・・・
そして、不出廷という事実は裁判官の心証を悪くしたのでしょうね。
なお、33万の他に1日当たりの利息と裁判費用が加算されるので馬鹿にならない金額でしょう。
他の被告がこれを教訓として態度を改めるかどうか?
裁判官も反日に汚染されているなどと思い込んで、現実の裁判(法理や裁判官の心証への影響等)に全く目を向けなければどうしようもありませんが。そして、きっと一番重要なポイントは賠償金の総額制という考え方をこの裁判官は採用しなかったということです。勿論各裁判官によって判断は分かれるでしょうが、少なくとも今後の裁判に一定程度影響を与えることでしょう。それと、余命の正体について大手マスコミ(毎日新聞)が言及しているというニュースもあります。
しかも、この記事によっても余命がトンズラしていることがうかがえます。
以下に5ちゃんスレタイと記事を貼っておきます。
>余命ブログ管理人は70代の元タクシー運転手だった!「余命三年時事日記」

「在日コリアンらの排斥」を訴えるブログの呼び掛けに応じ、多数の読者が2017年、各地の弁護士を対象に計約13万件の懲戒請求を出した問題で、実際に請求書を出した女性(50歳代、首都圏在住)が毎日新聞の取材に応じた。
女性は「ブログに不安感と恐怖感をあおられた。洗脳状態だった」などと主張し、「現在は請求したことを後悔しており、謝罪文を送付して一部の弁護士とは和解した」と話した。
女性があおられたとするのは「余命三年時事日記」と題された匿名の筆者によるブログ。
ブログの運営資金などを管理しているとみられる法人の代表者は毎日新聞の取材に応じ、「口止めをされている」「(ブログの管理人が)どこにいるか分からない」などと話した。
複数の関係者によると、管理人は70歳代で元タクシー運転手だという。ブログの投稿欄を通じて取材を申し入れたが、23日現在で返答はない。
http://mainichi.jp/articles/20181023/k00/00e/040/296000c
引用ここまで。

上記文中、「法人の代表者」とあるのは上村某でしょうか。

最後に、余命スレにあったレスも張っておきます。
>11マンセー名無しさん2018/10/22(月) 16:34:01.70ID:hw4S5vGr
何で余命がブログを更新しないのかというと、
今、弁護士が余命ブログのプロバイダーの開示請求をしているから。
アクセス記録も全て開示されるから、いつどこで余命がブログにアクセスしたか分かってしまい、更新すると逃走中の余命の居場所が分かってしまうから。

(以上)

毎日新聞が取り上げたんですね。せんたくが放送で「ある新聞社」って言ってたのは、毎日さんだったのかな?

上村の名前は、法人の登記には載りますから公開情報ですものね。戸田の事務所の住所も。

ちなみに、答弁書の雛形は960人の会で配られている模様。判決が遅くはなるけど、減額が可能かどうかは、微妙だと思われる。

 

211マンセー名無しさん2018/10/23(火) 14:56:29.58ID:AonSb2Y0
https://twitter.com/chew_bacca1987/status/1054611498125783040
園田昌也@弁コムニュース @chew_bacca1987
大量懲戒請求事件の記録2つを閲覧中。都内の男性と女性。いずれも住所的には戸建てっぽい。答弁書はそれぞれ2つ出ていて、中身はまったく同じ。橋下徹弁護士の裁判(最判平成23年7月15日)を引いて、「受忍限度」「スラップ訴訟」と主張。
335マンセー名無しさん2018/10/23(火) 17:18:17.47ID:smpDzvZX>>341>>346>>349>>392

津崎が反応

五十六パパ【フォロー制限掛かってます】@isorokupapa
今日懲戒請求関連の判決が出たそうだが
この判決を受けた人は当初960人の会に登録をする旨連絡した後は、全く音信不通となり裁判も欠席!コレじゃぁな!
詳しくは近々日本再生へのブログにアップする。
それと、今日:9月23日、横浜地裁で行われた!
【オレが原告の裁判】第一回公判の様子を含めてナ!
午後4:28 2018年10月23日

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります