3721+. 余命のことは

「せんたく」に任せるよ。

yomei.jp

今日の妄想日記は、なかなか良かった。やっと軌道に乗ってきたね。

残酷市議が派遣した有資格者によって、一番、痛めつけられたのは「やまと」代表理事だものね。その視点を持ち続けてくれると、一石二鳥の攻撃になる。

https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/henkorireki-johoto.html?selHouzinNo=6020005013015

法人番号6020005013015商号又は名称一般社団法人やまと商号又は名称(フリガナ)ヤマト本店又は主たる事務所の所在地埼玉県戸田市大字新曽1417番地(オーベルジュ戸田202号室)最終更新年月日平成30年10月2日

余命は青林堂に見捨てられた。見捨てるということは、そもそもの関与はあったのだと、やっと見えるようになった。

あとは、「うずしお」の代表が誰か、各ゆうちょ口座の前の個人持ち主が誰だったか、お金の流れを追及しさえすれば、自ずと本態が暴かれる。靖国芳名帳=過去のことは知らなくても、最後に一人5万円を徴収した経緯は「せんたく」の目にも見えてるだろう。金額的にはデカイし、非弁行為としても追求できる。特商法違反なんてチンケなものよりも確実に追い詰めることが出来る。

ただ、公認会計事務所の名前すら明かせないヘタレに、どこまで確実に追及出来るか、甚だ心許ないのだが、あとは任せた。

(大和会でお金を扱っていたのは「ななこ」じゃないから、「ななこ」憎しだけでは足りないのだ。金三と一緒に理事になっていたのは誰か、「せんたく」に見えてるのかな。)

青林堂という拡散装置を失った余命の危険性は、もう除去された。初代の謎は「せんたく」では解けないだろうが、もう、興味はない。フガフガ爺が青林堂の用意した影武者だったのか、青林堂専務までもがフガフガ爺の操り人形だったのか、最後まで残った謎だが、どちらにしても大差はないような気がしてきた。

もし、「せんたく」が私利私欲にかまけて余命が逃げ果せたとしても、まぁ、これ以上の被害拡大はなかろう。私でなければ出来ないことは、もはや無いと思われる。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

スクリーンショット 2018-10-08 17.41.01.png

注:うひ。は及川氏ではありません。

 

(追記)

1つ、言い忘れたことがあった。

彼は本人訴訟でやると言ってるが、プロを雇うべきだろう。労働訴訟としては契約書がないからダメだし靖国奉納は寄付金=活動費となっているから無理。

でも、「やまと」の理事としてやれることはある。

囲いたちが本気でせんたくを支援するのなら、弁護士費用をカンパしてやったらいいと私は思う。

私は「北」チームにカンパした。一番、確実なのは、そこだと今でも思っている。

本人訴訟でやらせるのならば、それは「児戯」であり「自慰」に過ぎない、本気じゃないってことだと思う。私怨だろうが正義だろうが、法廷で勝つつもりならプロを雇えと言えるのが正しい友人のあり方だろう。

(2018/10/16)

まだ「すみれの会」の存在に気づけないんだね。あーあー

うずしおの代表は誰だか、知らないのか。つまらん。生きがいクラブでいつまで引っ張るつもりだろう?