3705. 様変わり

以前は私に対する批判は、去年の今頃の「せんたく余命対談」が典型的なのだけど、自分で考えた悪口というよりは、余命が「反日」と言うから反日、と言うステレオタイプなものが主だった。

それが、今では、おそらく余命のことなぞ信じてない「反余命」側が私をヲチするスレを立てるようになった。

それだけ余命が衰えたってことだと思う。
余命が勢いのあった時には恐れおののいて、だんまりだった人たちが、今頃になって元気になってるわけで。でも、すでに余命は更新しなくなって虫の息だから、彼らは言葉の行き先がなくなってるんだよね。
で、余命の代わりに、私をヲチして遊ぶ。

平和になったものだと思う。

かく言う私も毎日20本の記事を書いた頃もあったものだけど、今は10本も書けない。書くことがないのよー

この先どうしましょうかねぇ。

読者フレンドリーな凸ブログに小坪は任せてある。私は余命特化の存在。ヲチブログはヲチ対象が消滅すれば役割を失うわけよ。

余命の「選定代表者」による1億円訴訟って、出されて受理されたら賠償金がハンパないけど、おそらく「出せない」。だって民事は刑事告発と違って印紙代が必要だから勿体ない。
寄付金を使って印紙代を払って「出しても却下」ならば、信者に「反訴」の実害はない。

次の山場は、ノースライムささキングが信者を60人ごとに訴えるか、それとも、Xサーバーから発信者情報開示があった時か。とにかく、だいぶ、先だよねー

ノースチームは和解にいちゃもんがついて以来、小倉先生同様に「手の内は見せない」主義に
作戦を変更されてしまいましたからね。彼らが呟いてくれないと、訴状が出てから裁判所の掲示でキャッチできるようになるのに、最低でも2ヶ月は情報が見えないことになる。

彼ら裁判のプロは、余命や小坪市議とは違ってネットでいくらヲチャが煽っても全く動じないから私の力は及ばない。

やることないーしばらく寝るかー

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります