3661. インフルエンサーを支援

余命支援を表明した小坪先生が、「保守基金」を得た。ベータ版も稼働した。

保守のAmazonならば、アマゾン書店で買えない余命本6,7,8,9を売ってあげて欲しいものだ。

もしかすると余命本10と11は印刷が終わって在庫となって困っている可能性もある。

支援してあげてねー

https://www.sejp.net/archives/2492

仕組みはアイドルのノベルティグッズと同じです。まずは『保守速報』のオリジナルしおりを作り、販売します。「しおり」は嵩張りませんし、形として残ります。しかも原価が安いので、売上の大部分を『保守速報』など媒体の運営資金にできます。

『保守基金』は保守系のインフルエンサーを支援するためのものであり、経費を除く売上は一種のライセンス料としてインフルエンサーに提供されます。従ってこの事業自体は、ほとんど利益はあがらないでしょう。しかしこれができれば、保守勢力が自前のAmazonを持ったようなもので、意義は大きいと思います。

(以上、引用)

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります