3611. 小坪市議の全力

(コメントいただきました)

通販サイト稼働してますね。
特商法に基づく表記には小坪氏の連絡先があります。
(「保守基金とは」のバナーにマウスオーバーで表示が出ます)
彼の野望・・・お金と個人情報をネットを通じて握る・・・に向けて着々と歩が進められている気がします。
「プライバシーポリシー」のページには以下があります。
個人情報の利用目的
個人情報の利用目的は以下の通りです。利用目的を超えて利用することはありません。
A. ユーザーの個人認証及びユーザー向け本サービスの提供
B. ポイントの発行・計算・利用等ポイントプログラムの円滑な運営
C. 本サービスの利用に伴う連絡・メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
D. ユーザーの承諾・申込みに基づく、本サービス提携団体等への個人情報の提供
E. 属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等に基づく広告・コンテンツ等の配信・表示、本サービスの提供
F. 本サービスの改善・新規サービスの開発・ポイント利用状況の調査・分析およびマーケティング
G. キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
H. 空メール送信者に対するURL情報の配信
I. 本サービスに関するご意見、お問い合わせ、クチコミ投稿内容の確認・回答
J. 利用規約等で禁じている、商用・転用目的での各種申込行為、各種多重申込、権利譲渡、虚偽情報登録などの調査と、
 それに基づく当該申込内容の詳細確認
個人情報の利用例
・個人情報の利用例
上記の利用例を紹介します。まずもってカート機能の活用、およびご注文いただいた商品を配送するために使用いたします。
利用企業とは、例えば発送業者(日本郵便やクロネコヤマト等の各種運送会社)であり、発送業務を外注する際に伝票として
個人情報を利用します。発送業務を外注する場合や、将来的に農作物などの代理販売を行う場合には、生産者から直送となる
可能性があるため、伝票をお渡しする可能性がございます。
 提携団体とは各種のグッズをライセンス契約する保守系組織・及び個人などを指します。当該ノベルティグッズの購入者に対し、
購入特典のような形で招待状などを配布することも将来的に検討しています。
例えば保守系作家のグッズを購入した場合、特別講演のご案内をする等です。
・メール連絡について
前述の、本サービスの利用に伴う連絡とは注文の確認や発注処理の自動返信メールを指します。
また、メールマガジンについてはサービス開始時は準備が間に合いませんが、保守系を支えたいという購入者様が主であることを鑑み、
大型選挙の日程であったり、当該地域の保守系政治家の動向や政策情報をお届けする場合がございます。
併せて、保守基金において新商品が販売された際には、広報のための広告をさせて頂く場合がございます。
当サイトに対してスポンサー企業がついた場合には、メール内にてPRを入れる可能性がございます。

(※ ただしメールマガジンの発行機能が完成していないため、あくまで将来的な話になります。)

もう、いかようにも料理しまっせ、と腕まくりしている様が目に浮かびます。
「利用企業」・・・「発送業務」の外注先に財団法人があったりとか?
「スポンサー企業」・・・出版社青〇堂とか?
閲覧者の多い保守速報ですから、結構な数の「お客」がつくのではないかと想像します。
そしてまたこのシステム目当てに保守ビジネスを展開したい言論人、政治家、それを目指す人なども寄ってくるでしょうね。
で、小坪氏に対して恩義が生じ、彼の影響力が増す、と。
これまでのように、「何かやらかして」ぽしゃることを祈るばかりですが、こういったシステムを望む勢力がいると思われる以上、
ある程度機能していくような気もします。
ネット民の目が肥えていくことを期待します。
(以上)
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります