3570. 聖域化

テルミンは元荒らし、コメント欄を荒らすことは彼女の中では正当化されている。

潰すつもりなら、潰される覚悟が必要だ。

それなのに、自分のコメント欄だけは聖域なのか?

何か言われたくなければ「非公開」でやっておくれ。

私は「せんたく」シンパと馴れ合う趣味はない。

私は少なくとも、凸ブログが「ステハンなりすましで小坪ブログ荒らし」を呼びかけたようなことは、凸ブログに対して仕掛けてはいない。一人でヲチャの範囲内で、やっている。

「気に入らなければ見なければいい」ができるように、そちらのコメント欄にまで荒らしに行ってない。「しらゆき」より節度を守っている。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/5157c0942e5a3ca12ca1d4eb1a3fd850

「待ち望むもの」は、余命教の信者を増やそうと、声を張り上げていた。豆腐おかかさんは一人ひとりにコメントを返す方で、余命に関するコメントで盛り上がっていた。だから、ブログの記事に呼応するような形で、また、コメントの主に意見する形で、コメント欄を荒らしました。

大和心さんはコメント欄を大事にしすぎて、荒らされることを極端に嫌いました。自分の庭を荒らされるのを嫌うように。
信濃さんも、ガラスのハートでした。一時期は新しい記事をあげずに、リンク集に成り果てていました。そのようなブログには書き込みしても反応がないのはわかっている。拡散するためには、手強い相手でなければならない。
楚錬さんは、アクの強い人です。そして、別にやってほしいことがあった。

だから、「待ち望むもの」を集中的に荒らしました。他のブログからもよく見えるように。
これで答えになったでしょうか。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/a9943e8bd37225bc176b12182aa44a3c

結局、荒らしっていうのは彼らの「なれ合いの場」を乱す者、ということなんですよね。

客観的に見てどんなに有益な情報であっても、なれ合っている人たちの気分を害する人が提示したら、それを頑なに否定する。
公共の利益より、なれ合ってる皆のプライドが優先される。
そういう人たちは日本のために役にたつどころか、足を引っ張っているわけです。口だけ保守、とでも言いましょうか。

その上、「なれ合いに固執するあまり、公共の利益に考えが回らない人」、また、「その人たちに違和感を感じない人」に、強烈に違和感を感じました。

(以上、引用)

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/2d5da6e5d3a729a353cf686aeb676c96#comment-list

悪魔さんから敵認定されても、それは仕方ないと思っています。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/7e987928bcffbe05abc38975afaed6c2#comment-list

ごめん (悪魔の提唱)
2018-08-23 06:27:55
テルミンは工作員を名乗る元ネット荒らし。
だから、平気かもしれないけど、私はそういう遊びは好きじゃないです。あそこは、今でもコテハンが中心。その人たちがたとえマンセー意見しか言わない人や、異論はどっかから自動で書き込まれる(ハンドルネームのところにリンクがついてるから他と見分けがつく)サクラ仕様であっても、こう言うやり方は、こちらの正当性を棄損すると思う。あちらで「承認されなかった」コメントを、こちらに投下するのも、あちらで「承認される前に」こちらに報告するのも、縦読み斜め読みを仕込むのも、ありだと思うけど、思ってもないマンセーコメントを投下するのは、私は賛成できません。そんなことをされると「反余命」活動そのものまで、ただのお遊びになってしまう。

かつての余命問題はコップの中の嵐にすぎませんでした。余命が私を「死刑にしてやる」と外患誘致罪告発をしようが、せんたくが私の個人情報に427000円の懸賞金をかけクリスマスの夜に殺害予告をしようが、小坪先生が「事件番号経由で個人情報を晒す」と嚇そうが、全てはネットの中の口喧嘩に過ぎません。

しかし、今や事件はリアルで起きている。法廷に羊さんたちが引きずられている。そんなとき、これまで私が(私たちとはもう言わない)やってきた小坪先生に対する呼びかけまで、あなたたちの活動のおかげで、「荒らし」に括られてしまうのは迷惑です。

これに返信はなかった。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります