3559. 残酷開示

削除要請を承認開示する残酷市議のコメント欄処理は誰がやってるんだろうか?

以前の、楚練さんの非公開通信を「余命」が晒した時を彷彿とさせる。

残酷先生と余命先生はやはり似た者同士、気があうことで。

https://samurai20.jp/2018/09/kokuho-5/

コメント欄より引用

陸奥 のコメント:

このコメントは承認せず読まれたら削除して下さい。

動画見させて頂きました。最後の国民健康保険については居住要件が満たされていたら
母国で4つ子を生んだと偽造証明書を作られても、市側は見破ることが出来ず
大金を支払うはめになりそうで怖い事だと思いました。
ザル法なんですね。(小坪氏をもってしても6年がかりでこれが限界なのが悔しい。)

今回の記事はアンチが「行橋市の事をやっていない」という事への回答なのでしょうか?
とても正攻法な回答で素晴らしいと思います。

しかし悪魔ブログや凸ブログのモノ達というのは単なるアンチではありません。
重箱の隅をつついてでも小坪氏の事を蔑みたいと思っているヤカラです。
99個いい事を言っても1個ミスすればその1個を100個みたいにいいふらすヤツラです。
相手にするべきではありません。
また、ヤツらのブログも見るべきではありません(見ていなければゴメンなさい)。

あいつらはどんな正論を言っても納得するタイプの人種ではないのです。
小坪氏のブログ内容はとても吟味された内容が書かれておりますが
小坪氏とて万能ではありません。時には感情が出てしまう事もあります(車の件とか...ツイッターですが)。
ほんのささいな言葉をそこだけあげつらってミスリードをするのが得意なヤカラなのです。
そういう技術だけは純日本人では到底かなわないものを持っているヤカラです。

やいのやいの言ってるのは言わせておけばいいのです。
相手をすれば喜ばせるだけです。
「2chの煽りは華麗にスルー」が鉄則です。
どうしてもスルーが出来なくなるほどの怒りが込み上げて来ましたら
そこは一気に訴訟(身元割出)です。
「訴訟しても勝てる」との状況が出来るまではほっておく(我慢する)のが正解です。

またもし余名氏とお話される時がありましたら、同じように
「悪魔やテルミなんて小物は完全スルーして下さい。」とお伝え下さい。
(このコメントを転送して頂いても構いません。)

スルーし続ければ逆に相手はあせるか図に乗ってしっぽを出す可能性が上がります。

とにかくヤツラは捏造してでも小坪氏や余命氏をdisりたいのです。
反応があれば嬉々とするヤツラなのです。
ストーカーと一緒で悪い反応でも嬉しいのです。暴走族と一緒、単なる目立ちたがり屋。

斜め読みコメントにはご注意下さい。
「やたら妙なひらがながあり、行数が多い。」
というのは斜め読み・縦読みで遊んでいる文章の可能性が高くなります。
フォントを等幅からプロポーショナルに変える事で効果を薄くする事も出来ます。

以上、長々と書きましたが2chの経験からヤツラは正論も通じないし、
どんなに議論しても納得するタイプではありません。
単に騒いでいたいだけのヤツラなので「見ると目がけがれる」として
「見たら(相手したら)負け」です。ゴーゴンの様なモノとお考え下さい。
ヤツラからコメントが来たらあえて認証し、でも全く相手しない
とすれば効果バツグンです。

スルー力(りょく)は大事です。これは高度な心理戦です。

今回の記事でも「小坪氏は市議としてちゃんと市の仕事も行っている」という事が
証明された訳ですからアンチの言う「行橋市の事やってない」という意見も
充分否定出来たと思います。
私個人としては「市議であっても国の行く末を案じて意見を表明する」のは
全く問題のない行動だと思っています。

長くてすみませんでした。

P.S.
行橋市をずっと「ぎょうばし」市と思っておりましたすみません。

(以上)

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

 

  • 嫌特亜・気狂い左翼 のコメント:

    先ずはお体を大事にしてください。

    件はVOTE for DEMOCRACY‏ と称する馬鹿左翼の事ですな。
    しれっと削除して逃亡しているけど魚拓済み。
    ttp://archive.is/IBpTe#selection-3285.0-3299.0

    その上、デニー側はネット監視で訴訟恫喝含めた言論弾圧を表明。

  • 嫌特亜・気狂い左翼 のコメント:

    件はVOTE for DEMOCRACY‏ と称する馬鹿左翼の事ですな。
    しれっと削除して逃亡しているけど魚拓済み。
    ttp://archive.is/IBpTe#selection-3285.0-3299.0

    その上、デニー側はネット監視で訴訟恫喝含めた言論弾圧を表明。