3515. 無視する

(コメントいただきました)

此度の騒動を踏まえて、朝鮮学校補助金支給問題に関して、
弁護士会へはどのような態度で臨めばよかったのか。

無視する。

これが一番良かったんだろうなあ。
弁護士(会)の言うことだからと、社会を動かす影響力を
過度に恐れていたきらいがあります。
しかし、実際には、ごく一部の過激派?の意見を言っているだけだった。
政治的な影響力があるわけでもなかった。
弁護士会の言うことなんて、弁護士個人は聞いちゃいないとか、
世間に及ぼす実際的な力はなかったとか。

それなら、弁護士会がまたバカなこと言ってるや、
と白い目で見ること、まともに取り合わないことを徹底する。
それを周りの人にも周知して浸透させる。

こうすれば、弁護士の地位向上や業務改善に関係ない、
ただの政治的な声明には、誰も見向きもしなくなる。
結果、弁護士会もそういう声明を(意味がないから)出さなくなるかも。

それくらいの大らかな気持ちで十分だったのかなと。
市民の意見を申し入れることすら必要なくて。
というのも、彼らはエリートだから、
一般人の「意見」なんて聞き入れるタマじゃないでしょ(笑)という。
それよりも、活動に熱心な人ほど、自分の意見や発言が
完全に無視されることの方が、堪えると思います。

国連やら外国に向けて、さかんに活動している連中には、
特段の対応が必要でしょうが、それこそ政治の出番なわけで。
外国に対しては、沈黙は肯定になるそうなので、積極的な反論が必要ですが、
国内向けの声明なら、「無視」こそが最大の制裁です。

(以上)

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります