3503. らっきょの皮剥き

(コメントいただきました。)

ほんの少しばかり前のことなのに、もうすっかり終わってしまいましたね「OK祭り」w

で現実は、ほんと笑い事では済まされない方向へ動きだしてしまったようですね。
裁判所が960人会の訴状を受け付けるか否か不明ですし、まずその前に選定書(委任状?)が予定通り集まり、裁判所へ提出されるかもあてになりませんが。。。
いずれにせよそのような動きと関係なく、懲戒請求出してしまった人達(家族も)は、今後各方面から痛めつけられる可能性大で、悪魔さんもそのことを憂慮してるんだろうなと思いますが、如何?

今回のコメントの背景には、余命らの集団に対する「何故?」という疑問があまりにも多く、自分の中でもやもやしているものがあるのです。
客観的に見ればほぼ勝ち目のない集団訴訟、スラップ訴訟と非難される可能性もあります。
基本、信者から巻き上げた寄付金で印紙代を賄い、敗訴しても自分たちの懐は痛まない、提訴が却下されても理由をつけて返金しないのは明白。なのに、信者の反乱が起きない。
洗脳されているからといえばそれまでですが・・・
なおかつ、余命が選定書のとりまとめ、発送で忙しいとの記述は、非弁行為の証拠と見做されるかもしれないし・・・
このように、杜撰なところが隠せないのに強気な余命爺の記事。
いや、そもそも余命本人が更新しているかもさえ怪しいです。
「青林堂社員が持ち回りで余命を演じているから表に出てこれないのだろう」と5ちゃんで言われる始末。
その真偽のほどはともかく、余命の正体を突き止めようと徐々に悪魔さんが追っているのに、まるで玉ねぎのようにむてもむいても正体がはっきりしない、青林堂もロシアのマトリューシカみたいに外の人形を割ると中から又人形が出てくるのではないかという気もしてます。

(以上、コメントありがとうございました)

今の私の疑問は、前から思ってきた「違和感」にあります。初代よりも三代目は劣化した文章を書いてたと思うのですが、それでも、あのフガフガ爺さんより、マシの気がしてました。

どんどん、劣化が激しくなって、とうとう・・・・OKしか言わなくなった。

思考は振り出しに戻り、あのハガハガ爺さんも影武者なのかも?と最近、思うようになりました。スペアは言葉使いも本人の真似をするでしょう?

青林堂が本当に守りたい誰かの身代わりの可能性ってないかな?

にしては、キャッシュカードの暗証番号を知ってるから、ラスボスなんだろうけど。

まぁ、何にしろ、人は見たいものしか見ないっつーことですな。

「選定書」が「これで裁判所に行かなくて済む」って読める人も相当数いるのではないでしょうか?

一方で、本当に憲法89条違反で勝てるって信じてる人も居る。その人たちにとっては、非弁行為、なにそれ、美味しいの?の世界。5万円だって安いと思ってるかもしれない。

反乱はねえ、簡単には起きないと思いますよ。信濃太郎氏を思い出してください。彼は「脱会者」だけど、黙って去った。花菱さんのように戻ってきた人は極めて稀な例でしょう。みんな、「黒歴史」として1日も早く忘れたいって、逃げるでしょう。歯向かうって、相当の暇人か、私のような「趣味人」ぐらいじゃないかな。

だって、エネルギー必要ですから。

ダメージが大きすぎると、そんなエネルギー湧かないでしょう?

私は阿修羅だから、怒りがエネルギーの源なんですけど、そんな人はそんなに居ないのでは?日本人は争いを避けたがる人種ですからね。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります