3502. 証拠保全

(コメントいただきました)

7月29日 2628 懲戒請求に関するお知らせ①
「懲戒請求者960人の会」を結成する。
こちらの記録では1133名であるが、佐々木亮弁護士と北周士弁護士は960名としている。
彼らが言う数字での対応であれば問題はなかろうということで960とした。
参加資格は懲戒請求者名簿に記載されていればよいので申告やご連絡は不要である。
参加者名簿は厳重にこちらに保管してあるので、弁護士会からの通知書、議決書その他が手元になくてもご心配は無用である。
提訴された場合の対応
地裁から呼出状が来たらご連絡いただきたい。「懲戒請求者960人の会」全体で選定当事者代理人が対応する。
(これでみんな裁判所にいかなくて良いと思っている=5万円ホイホイ)
具体的に何を対応するとは言っていない。
他にも
2622にて
・・・・投稿しておくだけで、懲戒請求者960人の会が訴訟に対応する。
なお、基金5万円振り込みに期限はない。また振り込みの有無は対応に関係がない。
これじゃ、不安な読者は喜んで登録しますよね。
裁判所に行かなくて良いと思いますもの。
(以上)
コメント
ありがとうございました
人数もなぞっちゃー謎ですが・・・

こんなこと言ってたんですか!!!!

これから、北。佐々木。島崎チームも、小倉先生からも飛んできます。答弁書を書かずに欠席して、全面敗訴となる人が出ないことを祈ります。
「選定書」なるものが、どんな文面になって居るか知りませんが、それにサインしても、何ら「応訴」にも「反訴」にもならないことを、理解して居る人がどれだけ居るか、心配です。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります