3488+. 地獄行きの書類

「不当懲戒請求に対する民事訴訟」の答弁書にはならない「選定書」

私は地裁が「却下」してくれると読む。それで印紙代は余命の懐に戻るから。原告の存在は被告に知られずに済む。もし受理された時は、いまの懲戒請求に対する民事とは比較にならない手痛いしっぺ返し「反訴」を食うだろうが、そうなると救いようがない。

余命2705記事(2018/9/10)

山ほととぎす
余命翁様、スタッフの皆様
本日、待ちに待った選定書がうずしおから届きました。
これまでの諸準備が大変だったことと思います。
有難うございます。
この選定書が集まったら、いよいよGOとなりますね。
酷暑の日々が過ぎ、少しずつ秋の気配を感じるようになりましたが、皆さまのご健康が守られてお働きを続けていただけますようお願い申し上げます。
(山ほととぎす)

アヴェンジャー
三代目余命様、余命PTの皆様お疲れ様です。(中略) それとは別に昨日、うずしおから裁判の選定書の用紙が送られてきたので早速所定の欄に記入、捺印して本日郵送いたしました。
普通なら数日中には届くと思われますが郵便局内部にはかなりの数の不穏分子が紛れていると聞くので安心できません。
送った書類がちゃんと届いてくれるのを祈るばかりです。

不屈の精神
余命様、スタッフご一同様、毎日の日本再生のご活動に深く感謝申し上げます。
さてお送り頂きました選定書16枚(被告の選定書3枚、原告の選定書13枚)に私の住所・氏名・捺印の上、レターパック(赤)で本日(9/9)発送しましたので、よろしくお願い致します。
また平成29年4月1日から平成30年8月27日までの私の住民票取得履歴の開示請求結果(PDFファイル)を9月7日夜に電子メールでお送りしましたが、改めて開示請求結果のコピーを選定書に同封しましたので、ご確認ください。
上記期間の私の住民票取得履歴は予想通り、金竜介弁護士からの請求1件だけでした。
その職務上請求書の識別番号はNo.B-0211324でしたが、乙女弁慶様、桜餅様ご指摘の番号(No.B ? 0211324)と同じ番号でした。 これで金竜介弁護士の不正の証拠が1つ増えましたね。
なお本籍地のある市役所にも戸籍情報取得履歴の開示請求をしておりますが、こちらはまだ開示結果が来ておりませんので、結果が届き次第、ご報告致します。
これからも共に戦って参りたく、どうぞよろしくお願い致します。

 

あぶりだしお味噌汁
いつもありがとうございます。
うずしおより選定書の用紙が複数枚送られて来ました。
家族と自分では枚数が違うのですが、作業効率化のためパッと一掴みを封入されたのでしょうか。
それからそれぞれがサインしたものをまとめて送っても大丈夫ですか。
9/9(AO)

.....説明書を除き、3種類、3枚、3枚、10枚の計16枚のはずだが不足であればお送りする。
なお、まとめて送っていただいて結構である。

(コメントいただきました)

また日付空欄で、汎用性を持たせているのだろうか。
で、その選定書とやらを、羊被告の裁判でどうするんだろう。
答弁書にくっつけて出すのかしら?

(以上、ありがとうございました)

「懲戒請求者」を被告とする「民事訴訟」に、この書類は使えないことを余命が説明してるかどうか、説明してないとしたら、問題ですね。

もともと、彼は当事者ではない。当事者でない人間が寄付金を集め、書類を送りつける行為そのものが「津崎さんの名を借りて」ギリギリセ〜フを狙う「非弁行為」=弁護士法違反です。

寄付金の支出を調べられて、おかしな資金の移動があった時にはアウトです。

お金の流れを追うのが、一番、てっとり早いです。「うずしお」果たして代表者は誰でしょうね?

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります