3460++. 余命の責任を訊す会は

会員がゼロっぽい。(せんたくとQ507を除く)

唯一、「せんたく」が生放送で捕まえた「ひとりひとりと」さんも和解組で、せんたくの企みには協力しなかったようだ。

当然だ、個人情報を握られたら誰に売られるかわからないし、そもそも、「せんたく」は自分の責任ってもんを考えてない加害者の中でも最低な輩だから。

これで、数が見えないのは、藤木組だね。あそこにどれくらい居るかで、余命の930名が正確かハッタリかが分かる。

(コメントいただきました)

やまとの代表理事(放送当時)で会が立ち上がっていたら、自分らの不始末は自分らで始末するという形になるので、
最も説得力がある、正統性のある集団だったでしょう。
ただし、あくまで「やまと代表理事」という正統性と、それに見合った行動であれば。
つまり、自分自身は懲戒請求していないが、取りまとめて送付したことで、
騒動の一翼を担った、その責任を認めるということが必要です。
せんたく氏は、よく分からないまま外部から参加して、
その報酬も踏み倒されていて、直接関与もしていないのに、
訳の分からない責任を取れとか、ふざけるな!
俺は被害者だ!金払え!!
という認識なので、それは難しかったでしょう。
そう言いたくなる気持ちはわかります。
会の名前にも、その意識が表れていますね。
しかし、せっかくいい素材(余命内部情報と代表理事という立場)を持っていたのに、
彼はそれを、自分の価値(信用)を徹底的に壊す方向に使っている。
被害者であることにこだわり、周りが見えなくなっているからなのか、
潜在的にドMで、自分を痛めつけて快楽を得ているからなのかは分かりませんが……

(以上)

ドMというより、単なるバカなんだと思います。自分が余命を詐欺師だと8月末の段階で知ったというのなら、Q507に多額の寄付なんてさせないでしょうに。

そのバカに拍車をかけているのがQ507を筆頭に「囲い」の皆さんたち。

普通の友人なら「バカはやめろ」と叱りつけてでも止めるべきところ、「余命は先生と呼ばずに俺はさんづけでしか呼ばなかった」と威張るようなykoshi245とか、machi2さんのことを私だと勘違いして絡む「爺様」など、友人にも全く恵まれてないから、あそこまで残念な人に平気でなれるし、自分がやっていることがどんなに醜いことか、理解できないのでしょう。

まだ、友人がマシなら救いようもあるけど、もはや難しいでしょうね。

Q507も自分の寄付金を取り返したい一心で、「せんたく」のやり方を許している。

経理担当のQ507の本当にやるべきことは、世論を味方にしたければ、会計事務所の名前と担当者を明らかにして、そこから追及すべきなのに。何が「信者は余命を刑事告訴しろ」だよ。

と思います。

私も一時は選択はやり直せるって思いましが、NHKに靖国名簿を渡した段階でアウト。それを持ってないと嘘をついた段階でツーアウト。あの不正アクセスで得た「脱会希望者」のコメントを晒した段階でスリーアウトで、救い難いと見ました。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

(コメントいただきました)

タイトル:「カードの切りどきを間違えると暴落する」

何が正義なのか、全くわからない男なんですね。
「損して得取れ」ということわざも知らないはず。

せんたくの最近の動画、最初の2本くらい見たけど、あとはもう見てません。
サイトの方は見てますが、読者の暴露メールも、読んでいて腹が立ってきます。
なんだその他人事な目線は。
自分も余命に信憑性を持たせる働きをしておきながら、
あの読者のメールを、内容をぼかさずに出せる神経が理解できない。
羊を自分の利益を得るための道具としか見てないように思える。

囲いも囲いで、認知がねじ曲がってしまって、ほとんど「せんたく真理教」状態
ですね。「類は友を呼ぶ」。外野が何を言ってももう聞かないんでしょうね。

(以上、コメントありがとうございました)

情報は鮮度が命のところがあります。私は藤木氏に言われましたぜ、あなたの情報は古いって。誰にでも手にいれられるから価値がないって(爆)

だって、私は詐欺師の仲間じゃござんせんから、外から「考察」するのが役割です。

でもね、そっちの方がよほど正確なことってあるんですよね、だって嘘つく必要がないからです。

持ってるものを「持ってない」って言ったりね、もう、嘘付きのもたらす情報に信頼性なんて、ありませんがな。

(コメント追記します)

「こうやって信者の生の声を公表すれば、己の罪は軽くなると思うなよ」と言ってやりたいですね。
それに小野の持ってる情報は、今現在の時点ではもはやそれほど価値のあるものではないでしょう。
情報がまだ売り物になっていると思っているのなら、小野も痛い奴ですね。
今は、自分も罰せられることを覚悟で、金の流れをわかる範囲で全て税務署に垂れ込むことが最善手ではないでしょうか。
たとえ逮捕起訴されても、国選弁護人が付いてくれるでしょうしw

(以上)

大●会計事務所の壁に阻まれて、「実は」税務署にたれ込めるような証拠を何も持ってないと見ました。