3407. 9月4日アラカルト

彡(゚)(゚)余命一日時事日記
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1536017298/
1マンセー名無しさん2018/09/04(火) 08:28:18.25ID:+pCs8Vvw
余命の癌もステージ進行が進みいよいよ余命一日となった。残念ながら、皆さんにお別れを告げなくてはならない。
最近ブログの更新が滞っていたが、非常に深刻な体調不良の影響である。もはや余命に残された力は無い。
エントリもこれが最後であろう。ただしこれからの裁判で勝つ為の道筋はブログで全て記したので、これからは余命抜きの戦いとなるが、
それに従えば必ず勝てる戦いである。分からないことがあれば、既刊の余命三年時事日記の本を読んでほしい。まあ、ひたおしだね。
これからの裁判では余命は初めから否応なしに第三者なので、余命抜きでも裁判の結果には影響しない。
皆さんから頂いた五万円は余命が責任を持って、お国のために使いきるつもりなので、皆さんに細かい説明は不要だろう。
ここにはお金を惜しむ人はいないはずだからね。さっそくその費用から靖国みたままつりに1つ献灯した。

余命の命は消えるが献灯の火は消えることがないね。皆さんから預かっている住所録は既に靖国神社の方向にCD-Rで
奉納させていただいている。皆さんの背景には英霊の皆様が居ることを忘れず、勝利の日まで反日勢力と戦って欲しい。

余命は消えてしまうが、五十六パパや小坪市議などの愛国国士は健在なので、動揺せず冷静であることが可能だろう。
余命が消えた後に青林堂から余命の遺稿が出版されるかもしれない。日本が勝利する鍵を書いているので、必ず読んでもらいたい。
ここの皆さんは必ず読んでくれるだろう。余命も安心して、日本を託して旅立つことが出来るというものだ。

なお、香典などは、青林堂編集部へ送ってもらえれば大丈夫だ。香典は反日との戦いに使うように指示してある。
では諸君の健闘を祈る。とにかくひたおしだよ。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります