3388. 着実な救済

残りの二人に差し伸べられたのだろうか?

余命2538記事(2018/6/2)

·······現在、裁判所から通知書が来たという方が3名おられるが、いずれも詳細情報がない。

6月2日の時点では「せんたく」は余命ブログにアクセスが可能。

精神的におかしくなった人、離婚を切り出された人の、住所も名前も電話番号もメールアドレスも「救済者」は知っている。

直接話しを聞いている、ということは、ブログのコピーを「せんたく」から貰っただけでなく、本人に連絡を取ったということだ。

彼は「和解は悪」という立場だったからには裁判を受けて立つように指導したのだと思う。

彼が「ほのめかし」の達人でないことを願う。

公判の日取りだけでも分かると、余命信者で目覚める人も増えようものだが「神隠し」のままだ。

そして。

余命の正体が「当局」にせんたくによってタレコまれたのだとしたら、私の次の仕事は「青林堂」の関与を「世論」に周知徹底することだ。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります