3371. ドツボクラスター

反余命をほそぼそとやってた、私と凸ブログ

そこに「余命支援」をぶち上げ、反余命なら俺の敵だとばかりに攻撃してきた小坪先生

私の支援要請に答えてくれたのは、元FJの方々だった。

私はネットも余命関係だけだから、FreeJapanのことはよく知らない。POJのことは「ミラーサイト管理人」「余命スレのNG氏」関係で調べたけど、FJのことは調べてない。

外から見てたら「対共産党」だと思わせられていたが、実は小坪先生の実態を間近に見て愛想をつかした元支援者たちだった。

「懲戒請求プロとして書いてみようかな」これで弁護士会全体も・・・

「自民党員になれない」『たろさ』を怒らせたとか、なかったとか・・・

今や、余命クラスターは瓦解しつつあり、小坪先生は余命を見限り瀬戸先生に擦り寄り、60万将兵は「もはや、終わったこと」「できることはない」「個別事案には関わらない、非弁行為じゃないけど非弁行為になるから」と見捨てられている。

これから、いくら小坪先生が「ユニオンが日本を滅ぼす」と言っても、「王手飛車取り」「効果はあったんだ!」と喚き散らしても、自分の窮地に見捨てられたことに気づいた時、彼ら懲戒請求者の恨みは余命に向かうか、小坪先生に向かうか。

いずれ、余命読者も「反小坪クラスター」に入る日も近いだろう。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります