3305+. 靖国芳名帳はNHKへ

流したのは「せんたく」 放送で自分で言ってた。

45:24
懲戒請求した人
45:26
懲戒請求した人にコンタクトとって
45:32
いると
45:34
あれの
45:36
提供元は私です私の方から提供しました
45:40
はい
45:42
あの
45:43
弁護士からじゃないです
45:45
これ重要です今すごく大事なこと言ってますよ
45:49
私の方からだしてます
46:09
まぁざっと言っておきますけど3500件の
46:15
3500件のリストがあります
懲戒請求者のリストはマックスで1300名のはず。(第5次が1300, 第6次が960名)
3500名つまりは「靖国芳名帳」
勝手に名前を使われた家族の分も連なっている。
洗濯は持ってるぞ〜って見本をブログに貼ってたものね。
えらいことを

やらかしてくれたもんだ。

何が靖国昇殿参拝だ? 無事に鳥居をくぐれると思うな! 天罰覿面だ。

あのリストの中には、脱会者もいる。懲戒請求出してない人もいる。身に覚えのない家族までいる。

それも全部、NHKに渡したのか!

トコトン下衆な。余命といい勝負だ。

仲間を売るような奴、絶対に許さない。

ついでに、余命ブログへのコメントも横から保存してあるってさ。特に余命が握りつぶす方のやつを、個人的に抜いてあるってさ。

おいおいおいおい

そっちの情報は「しばき隊」に売ったのだろうな。金のためならなんでもするんだから!

あの名簿に手を出す資格はない。

もし余命から金を取り返せたとしても、保守界隈にもはや「せんたく」の居場所はないだろう。

覚悟するがいい。

 

(コメント掲載します)

やはりリストはせんたくでしたね。
そしてそれを自らゲロっちゃうというゲスの極み。

<「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日
その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、
それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。 >

「他の情報と容易に照合して、個人を識別」できちゃったから、リストは間違いなく個人情報ですね。

平成27年の改正で、
<取り扱う個人情報の数が5000件以下の「小規模取扱事業者」も法律適用の対象となり、「件数要件」が撤廃となった>
とのことなので、「やまと」も任意団体「日本再生大和会」も取扱い事業者なんじゃないの?
そして、せんたくは「職務上」知りえたことを、勝手に外に持ち出している。

そのことによって、リストに載っている人が「なんらかの被害を受けた」と思ったら、
問題になっちゃう、ということなんじゃないのかな。

せっかくNHKは必死に出所を隠していたというのに(苦笑)。
どうしようもないヤツだ。

(以上、コメントありがとうございました)

小坪先生が飛んできた「個人情報なんて漏れてなかった事件」が消えて、小野誠は明確な「個人情報を漏らした犯罪者」になりました。バカな男です。せっかく庇い続けてやったのに、

もう絶対に許さない、3500人の靖国名簿は、懲戒請求者の名簿じゃないんだから。

これ以上の犠牲者を出すわけにはいかない。

余命を潰すことができるのは彼だけだと思ってきたけど、もう、どうでもいい。

以下、凸ブログのコメント欄より引用

ネタ古くてスマソ (オンドゥルルラギッタンディスカー!!)
2018-08-26 21:19:27
カネに目がくらんで、くるっと向こう側に行っちゃったんですね。野間に煽られたとおりに。
いいんじゃないですか?余命に人生を壊された方々の恨みをすべて引き受けてくれて。はした金と引き換えに自ら厄払いのヒトガタになってくれるなんて、こんなアホはそうそういませんよ。
せんたく、ありがとう 祈
せんたくマン。 (匿名希望マン)
2018-08-26 20:37:46
YouTubeの『日本せんたく・小◯誠』の動画。せんたくマンは「自分は余命の被害者だ!」「未払いのカネを取り戻す!」とやってるけど
「警察に駆け込むと自分も捕まっちゃう」だろうから、警察には駆け込まないでしょうね。そして『小◯誠』は「自分のことを余命に被害を受けた者」と定義していて「未払いの金を取り戻す」というのが目的であり、目標ですね。奴らは『朝鮮脳』だから「設定したゴールに向かう為には、過程は気にしない」し、何でもやると思いますよ。『せんたく』の目的は『カネ』だから。余命からカネを取れない可能性がある以上は「せんたくが今持っている情報を現金化したい」となるのは『朝鮮脳』なら、当たり前。『せんたく』が、動画で言っていたから書いちゃいますが「せんたくは、自分の持っている情報を弁護士先生に売ろうとして失敗しています」よ。この話は「けっこう前から知っていました」よ。弁護士先生は「せんたくは余命側」だと思っていたハズだし「あんな奴とは関わりたくない」のも、当たり前でしょう。また、せんたくが言っている「3500人のリスト」は「余命の『靖国募金詐欺』の時の名簿」で間違いないかと。あれの「個人情報が入っていないバージョンはせんたくが前にネットに上げていた」し、私は「その名簿を板橋税務署に出していますから」ね。そして、せんたくは「その名簿を『しばき隊』や『NHK』に売った」と見ます。だから「NHKがいきなり動き出した」のでしょうな。また、弁護士は「職務上の住民票開示請求自体は、違法でも何でもない」です。弁護士の住民票開示請求に「不当だ」とか「違法だ」と思うなら「役所が拒否する」という話。住民票の写し自体は「窓口の職員が市長の名前で替わりに出してくれます」が、弁護士の職務上の開示請求は「一般職員の権限を越えている」から「役職者が決定しているハズ」です。そして、その行為が「不当・不法」だとしたら「責任は市長」という話になる。だから「住民票開示請求に応じたのが『不当・不法』だと訴える」なら、それは「市長に向かないとおかしいんですよ」ね。市長は「弁護士の職務上の開示請求も、理由があるなら拒否できます」からね。まぁ「裁判所を経由した場合は、拒否できない」ですが、その場合は「裁判所の責任」という話にならないとおかしい。また『神原』と同じく、NHKも「差別!」という話に持っていきたいのだろうから「一番被害を受けるのは日本人の懲戒請求参加者」ですね。っていうか、もしかしたら「懲戒請求には参加していないけど、靖国募金詐欺に関与した日本人の方は巻き込まれる」かもしれない。私が「NHKが名簿を受け取っている」と仮定した時に「NHKの立場だった」としたら「『途中で騙されていることに気付いた者』と『そうじゃない者』の違いは何か?」とか「カルト化した団体の恐怖」みたいな話に持っていきます。また「神原と連携して」なんていう話にも持っていくかもしれない。

懲戒請求参加者は「個人情報を渡す」ということは「今回のようなことになることもある」ってことを忘れちゃいけない。また「『せんたく』が持っている情報」は「『余命』も持っている」から、余命は「自分が逃げる為なら、他に持っている情報もばらまくかもしれない」ですね。

何か「5万の和解金すら出せない連中が『個人情報ガー!』と喚き散らしているのは滑稽です」ね。そんな「頭も悪く、底辺の生活をしている奴らの個人情報になんか価値はない」です。っていうか、個人情報は「一つ一つには価値はあまり無い」です。「騙されやすい奴」「過去に騙された奴」とか、そういう奴らが「リスト化されているモノ」に価値がある。残念ですが「カネが無い奴ら」は「個人情報にも価値はない」んですよ。一昔前なら「情報通信社会になる前で、色々と社会が未熟だった」から「人が一人消えてもあまり問題にならなかった」ですね。昔は、極端な話をすれば「借金まみれにして失踪させても、そこまで問題にさせない方法があった」と思いますよ。だけど「今の世の中、昔のようには無理」です。一般人が「いきなり失踪したら、問題になります」から「借金抱えさせて」なんて話も無理。

っていうか、懲戒請求参加者は「あんな状況でも『勝てる』『弁護士からカネが取れる』と思っているから、めでたい」ですね。余命ブログをよく読めば分かりますが、余命は「一審と二審は捨てる」と書いている。たぶん、余命は「何もしないでカネだけ集めて、時間を稼いで逃げるつもり」でしょうな。

(引用、以上)
448マンセー名無しさん2018/08/26(日) 17:16:26.45ID:kaNcB0bH
>>391
うーんこのクズ
一度は余命と組んだのも納得の汚物やね
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります