3300. キリ番挨拶

もう一度、きり番挨拶を書く日が来るとは思ってませんでした。

私は一旦、余命に興味を失ったのです。

もう、和解期限を過ぎたからには、あとは煮るなり焼くなり、弁護士さんが好きにすればいい。私にできることは、もう、ない。

そう思ったら、どーでもいいって感じで、一旦は収集をやめたら、生来のコンプ癖のために「穴」があることが傷になるから、ここで終わりって。すーっと。

それを元の木阿弥に復帰させたのは、小坪先生です。

https://www.sejp.net/archives/2274

彼がとうとう逃げを宣言した。これまでも個別案件にはタッチしない、って言って来てますが、そうは問屋は卸しません、この私の目が黒いうちは。

無駄な期待をさせて、和解の機会を奪ったのは、小坪先生だから。

「義を見てせざるは勇なきなり」

この言葉が私の逆鱗に触れました。

私に対して、あの脅迫をしなければ、私は小坪先生を見逃して差し上げたのに。

私の結界の中に無理やり入って来て、その責任をとって、最後まで余命側に居る覚悟があれば、私は黙っていても良かった。

それなのに、見苦しくも逃亡を企てて居る。美しくない、潔くない。

まぁ、

私が何もしなくても、余命が抱きついて離してはくれないとは思いますがね。

ついでに、「小坪ブログ」の読者欄も余命読者が住み着いてる。「小坪先生、ありがとうございます」あれらが何よりの証拠です。余命と小坪はチームって信じてる人たちですから。

宮崎マンゴー のコメント:

続き投稿、失礼致します。
5ch[余命三年時事日記って真に…]にての
小坪議員様、余命先生への誹謗中傷に負けないで下さい。離間工作がはなはだしい現状であります。

彼が自衛隊と英霊を盾に時間稼ぎをして居る間に、余命と小坪市議のコンボを周知徹底するのが今の私の「お役目」です。

せっかくインフルエンサー小坪先生に頂いたアクセスですから。

余命記事

2667 小坪市議報告

2018-08-19 17:28:13

弁護士会の回答を小坪市議が公開
懲戒制度に対する回答を、小坪市議が公開している。
許可を得て転載する。
全文はリンク先参照。

連携の効果が目に見えてきた。
余命に欠けている政治力を完璧にフォローしていただいており、これからも可能な限り連携を強化していきたい。
読者におかれましては、小坪Blogのランキングの支援などをお願いしたい。
懲戒制度に関して、このような回答が得られた努力に感謝する。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります