3252. 結界師

私は自分にそう任じてきました。

余命を封じ込める、小坪先生もご一緒に。

容赦無く焼き払う、その炎は「法に触れることがあれば撃つ」相手は誰であるべきだったか。

いずれ明らかになるまで私は、お二人を一緒に封じます。祈りを込めて。

「うしおととら」と言う漫画がありました、あのカアチャンの気分で。

(以下、コメント掲載します)

小坪氏は、うっかり余命沼に足を踏み入れちゃって、慌てて沼から上がろうとしたら、
マドハンドに足をつかまれた感じですね。手の主はハガーとカーサマかな。
更に、今後は呪いで羊に姿が変わった読者たちの無数の脚(ヒヅメかな?)で
引っ掻くように沼の底へ引っ張られるんでしょうね。痛そー。
ストレスマッハで、頭髪の最前線が更に後退しそうだ。
まあ、インガオホーです。償わないと、敗者復活もできません。

(以上)

パンダハガーと言う言葉がありますね。余命クラスター60万に目が眩んだ、抱きついたのはどちらがどちらにだったのかなんて、此の期に及んではどーだって同じです。

何しろ、堂々と一般紙の取材を受けてしまって居ます。私、紙媒体でもPDFスキャンも持ってますよ。

あそこでなんて言ってたか。

「彼は自分の個人情報を公開すると言いだしたんです。自分が囮になり懲戒請求者や読者を守ると。ただ、私は「指揮官が裁判に負け得たら、残りの懲戒請求者が不利な戦いを強いられる。だから「個人情報の公開は)やめたほうがいい」と進言しました。すると、余命氏は「わかってるけどね・・・」とシュンとされましたね」

って言ってましたね。これ、もし刑事事件化したら犯人隠避に相当しないか、私は心配して居ます。

同じことをブログでも書いておられた。俺が止めたんだって、自慢げに言ってました。

 

こっち来るな、って私が張った結界の中に、あなたは自ら飛び込んだのです。事件番号経由で私の個人情報を晒すと脅して、こじ開けて自分で入って行ったのです。私がアンチ余命だから、ただ、その一点で、余命と共闘すると宣言した。

ちなみに、著作権法の40条「政治上の演説等の利用」は、ご存知ですね? 理系議員の公式ブログは政治上の演説と同じ扱いですので、法に照らして転載の許可は必要ないかと私は解釈します。

どうぞ、結界の中で、容赦無く焼き払ってください。もはや羊たちも一緒で構わない。

私はセンター長にも警告しましたから。

 

 

  • 両論 のコメント:

    日々、行橋市のための活動(なのかな?)、お疲れ様です。

    早速ながら、小坪さんが余命PJの件から逃げ出したいのなら、それでも良いと思います。
    結局は懲戒請求を行なった人たちの自業自得ですし。
    ただし、余命PJと読者は小坪さんを放してはくれないでしょうね。
    それと、このまま逃げ出せば、小坪さんがかつてブログで公言された「自分も懲戒請求を書いてみようかな」という旨の言が実行されなかったことが残念ながら汚点として残ることはお覚悟ください。

    さて、小坪さんが余命PJへの支援を続けるにしろ打ち切るにしろどちらでも結構ですが、ケジメをつけなければならないことが残っていることをお忘れなく願いたいためにお伝えいたします。

    その1つが以下のツイートです。小坪さんが一般国民に喧嘩を売ったことと、小坪さんのツイートアンケートに一般国民がわざわざ応じてくれたことです。
    https://twitter.com/kotsubo48/status/990525194493091841
    52% 訴訟などで個人情報を割り、事件番号経由で暴露
    https://twitter.com/kotsubo48/status/990981356564893697
    46% イケイケ!GO!

    走り屋のケジメの取り方を注視しております!!

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります