3248. タワマン化

今後のヲチャの予想を書いておく。

小坪ブログのコメント欄のことだ。

今後は、余命読者で懲戒請求をしてる人たちの声は、余命ブログと同様に握りつぶされるようになるだろう。

それか、まぁ、自己責任よ、頑張って、礎になってください、って生暖かく見守られるか。

その一方で、小坪先生凄いって一方的な賛美に回る人たちが増えていくだろう。否応無く第三者たちに囲まれながら法廷に立つ人の気分って、どんなもんだろう?

同じマンションでも高層階の人と、低層階の人は交わることがないように、同じブログに集うコメント欄にも階層が生じるだろう。

もし、どこにも声を出すことができないと思った人には、5チャンネルがある。

「余命三年時事日記って真に受けていいの?」で検索。

あとは、凸っちゃおっかな〜は、IPを抜かれることなく、ほぼ全部承認されるよ。

うちは、IPアドレス見えますし、メアド必須です。敷居は高いと思う。でも、真摯な謝罪と反省があれば、「和解組」の弁護士情報を共有できます。

洗濯ブログ、ありゃダメだ。自分の仲間「囲い」のことしか頭にない。それじゃ誰も救えない。

そうそう、「着実な救済」組も沈黙したままだね。神隠しにでもあったか?

さて、これから「羊たちの沈黙」でも鑑賞しますかのぅ。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります