3234. 問う者

「懲戒請求」出してみようかな?はどうなったのか、問いたい。

https://samurai20.jp/2018/05/yomei-4/

(より以下、引用)

懲戒請求を出す「だけ?」

色々とやっていて、私のほうが遅れてしまった。
今回、弁護士自治を考える会代表、及び同会の速度に感服いたします。

その上で、宣言しておりますから、私も提出します。
趣旨としては、ほぼ同様かと思います。

 

ですが、ちょっと処理をしてからにしましょう。
私は「懲戒請求を個人で出す」とは言いましたが、そこは政治家、素直に受け取ってはダメでしょう。

メディアの皆様により「政治家は嘘つき」って言われておりますから、ちょっとぐらい隠し玉があったほうがいいでしょ?

私は「懲戒請求【だけ】」とは言っていない。
司法に介入しすぎることはダメだと言ったが「立法分野でやれること」はやると言った。

懲戒請求は、ひろく国民に認められた権利であり、立法機関の末端にある者としての「特色ある動き」ではない。
そのため、私が行うのは「懲戒請求だけ」ではない

(以上)

 

(以下、引用)

これにて、「ネット全体の世論」も、動きとしては、ほぼ確定してきたと思います。
ここまで固まれば、絶対に崩れることはないでしょう。

余命Blogもモンスターブログとして認識される規模で、月間60~70万人の訪問者数を誇ります。うちで、だいたい30万人ぐらい。
ですが、その総和よりも、上記のサイト群の訪問者数は多い。圧倒的にね。

不安に感じていた方も多数いると思いますが、援軍は私だけじゃない。
目を凝らして見てみるといい、そこにいる支援部隊が、どれほどの規模であるかを。
サマーウォーズの花札のシーンみたい。

もう、皆様を「後ろから撃つ」ネット保守派いない。
そんなことをすれば「似非保守」として、フルボッコにされるからだ。
それほどの世論形勢が進んだ、ということ。

防御陣としては完成、ネットの特性として「一定層のラインを突破」すれば、ひっくり返すのは事実上、不可能です。
大きなうねりとなり、支援部隊の橋頭保は完成したように思う。

(以上、引用)

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります