3184. ファン心理

有名人に直接声をかけられた!って目をハートにするほど、悪魔は甘くない。人生、それなりに長く生きてくると実名だろうが匿名だろうが、有名だろうが無名だろうが、人の本質を見抜けないとね。

私は相手が「全てを知る」と豪語することに警戒する。

全てを知るってことはとても難しいことだから。

自分は知っていることは知っている。でも、知らないことがあるかもしれない、そういう謙虚さがないと落とし穴にハマる。ハマったことを取り繕うために攻撃的になる人はもっと危険。

もちろん、与えられる情報が本当か嘘かを、一旦は冷静に考えるようにもしないとね。

洗濯は「契約書」なんか作ってなかったよ。だから損害を訴えようにも訴えられないって、某「力のある弁護士さん」に相談に行って断られたって、youtubeで自分で言ってたよ。

困り果てて頼った先は、最初は巨額「靖国詐欺」事件と言い、次が労働問題もどきとして交渉。

知らなきゃ、騙される。そして判断を間違う。

懲戒請求相手の弁護士は五次と六次合わせて174人。単位会の会長副会長を除いて、態度が不明(今後の追加訴訟の可能性があり)なのは44名。(ついでに些細なことだけど7名で40万円だし。おぐりんは1人で10万円)

今、余命から直接電話をもらってウハウハと言っているコメントが、スタッフのサクラコメントなら良いけど、本当の羊さんだとしたら、もう目も当てられない。

でも、それも人生よね。

私に死刑を願った人たち、地獄を見るのはこれからよ。

神原組との和解期限まで、後5日。今週一杯。そのあとは次から次へと訴訟あるのみだ。「和解」はない。

明日には「集団訴訟」マニュアルが発表されるそうだけど、「ななこ」投稿文のコピペが「告発状」だったように、「四季」さん投稿文が告訴状だったら、どうしよう・・・・抱腹絶倒に身構える。

もともと、ツイート一発組と、神原組とでは、余命に対する因縁の深さが違う。

余命というより津崎&瀬戸一派といったほうがいいかもしれない。

ツイート一発組には、絶対に訴訟では勝てない。だから土下座謝罪しか手はないし、和解がお得。

だが、神原組とガチで勝負したいのなら、それは「思想信条」の戦いだから、私は好きにすれば〜って思う。でも、いい司令官がいないと勝てないよ。相手は百戦錬磨のつわもの。四季の移ろいさんのコトバンク頼りでは無理。木っ端微塵になるだけだと思う。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります