3174. 洗濯は選択

できたんだろうか?

警察に「自首」するか、佐々木弁護士に助けを求めてゲロするか

どちらかを私も凸もおすすめしてきた。彼はちゃんと決断できたのだろうか?

かもしれない。だから、本当かどうかは私は知らない。

ちなみに「ななこ」氏の年齢はジャスト60歳。中京地区とはTKさんかしら?

ほか数名に「ミラーサイト管理人」は当然、入るわよね?

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

余命が「ある事」にようやく気がついたらしい。
余命にとっては、「致命傷」である。しかし、気が付いた時にはこと既に遅し。
そして、余命を含む余命の仲間は、今頃、真っ青になっていることだろう。
その内容を知っている人たちは、余命が自殺でもしないかとはハラハラしているのではないだろうか。
 
 
ある事」とは、せんたく氏らが、当局に対して既に情報提供を行っている内容だ。
必死で、「警察に被害届を出した」などと言っているが、すでに警察にも知っている内容であろう。神奈川県警戸塚警察署が知らないらしいので、せんたく氏がこの私のエントリーを見たら、情報提供を行うであろう。いや、すでに余命ブログを見て、情報提供を行っているかも知れない。
 
私は、以前にそれが「何なのか」は聞いているが、その後、せんたく氏との連絡は取っていないために現在の状況はわからない。せんたく氏の引っ越しの話も余命は知らないであろう。
 
 

余命や残酷市議の愚かなところ


 
 
余命ブログのこのエントリー「2581 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった46」によれば、余命が警察に泣きを入れに行ったらしい。余命には、せんたく氏が当局に協力しているかもしれないということは考えられないのが、余命の浅はかな所。
すでに余命の外堀は埋まっている。そして、余命の居所を知っているのは、私だけではない。
NHK記者、朝日新聞記者、その他、余命を追求している人たちの多くが、すでに知っている。しかし、未だにそれが表に出てこない理由を余命は理解出来ないらしいので、未だに威勢の良い事を書いているという構図である。
 
我々は、残酷市議をはじめ、共犯者数名の詳細をすでに掴んでいる。
そして、余命が愚かなのは、警察署の名前まで明記しているところだ。
戸塚警察とは、余命と運命を共にしている(自殺願望でもあるのか?)「ななこ」(本名も住所も知っているがここには書かない)という60才代の女性の住んでいるところである。余命と一緒に動いているので、余命の代わりにブログを更新したりしている人物だ。もう一人は、中京地区に住む人間。そして、他数名。
(以上)
 1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります