3151. 加害者と被害者

私と藤木氏では被害者と加害者の線引きが異なる。全く異なると言ってもいい。

彼から見れば、被懲戒請求弁護士は加害者で、被害者は「せんたく」と懲戒請求者全員。

私から見れば、弁護士は被害者で、加害者は「せんたく」と余命と懲戒請求者全員。ただし「謝罪し和解をした人」は被害者から許されたので、余命カルトの被害者だと名乗っても良くなる。禊が済むまでは「加害者」です。

私が助けたいのは、「謝罪のできる大人」のみ。

それ以外の方は藤木さんにお任せします。

△先生とは違って藤木氏は逃げないでしょうから、最後まで面倒みてあげてください。

私の目には藤木さんは余命とも余命読者とも戦いたくない、弁護士と戦う人なんだなぁ、と見えます。おそらく彼なりのヒストリーとポリシーの上でのことでしょう。

私は私個人に「外患罪告発」をされたというヒストリーの上で判断します。それにとやかく言う資格のあるのは、同じく告発された「伏見組」だけだ。

お互いにお互いのできることをしましょう。私はあなたには従わない。たとえ「訴訟にするぞ」と脅されても。私は私の良心に従い、発言する。これまでも、これからも。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります