3147. いっちょ噛み

10日が締め切りだった「藤木組」の募集が、20日に延長された。

彼が何を知っていて、何をしようとして居るのかは、書かれていない。

誰を信じるかは各自の自由です。私は私の知る事実を発信するのみです。

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-124.html

貴方は、まず、懲戒請求を直接弁護士会へ送っていません。送り方すらわかっていませんでした。
そして、懲戒請求をした相手弁護士が、どの弁護士なのかも良くわからないまま、余命が作った懲戒請求のひな形に署名して、2カ所に押印、日にちを入れずに「ヤング倉庫」に送ったものであり、貴方は、直接、弁護士会には懲戒請求書を送っていません。
(以上、引用)
 ↑
懲戒請求をした相手弁護士が、どの弁護士なのかも良くわからないままと書いてあるが、これは嘘だ。
第五次の懲戒請求書のPDFは、私たち当事者でないヲチャですら持って居る。
神原先生の名前は事務所の住所とともに、堂々と書いてあった。
これを「良くわからないまま」という主張は、認知症の診断書でもない限りも無理だろう。
第六次のPDFを余命はUpしなかった。だから大半の人たちは控えがないため「記憶・記録」してないために、「誰に謝罪していいか」わからないのだ。
しかし、私が「脱会者」の方から頂いたコピーにはやはり同様に相手弁護士の名前は書いてあった。理由がツイート一発なのも見ればわかる。
よって「どの弁護士なのか良くわからないまま」という白紙委任状のような言い訳は無効である。
 ↓
 ・
藤木氏へ助けを求めた懲戒請求者は自分が認知してないだけだ。
彼は本当に一次資料を見たのだろうか?
 誰にでも手にはいる情報
スクリーンショット 2018-04-18 7.18.26
ツイート一発組「絶対王者」の最後の1人、渡邊恭子先生は民事は考えておられないようだが、一方で、佐々木弁護士らとは異なり、余命だけでなく「実行者」の刑事告訴も視野に入れる厳しい方針をお持ちだ。
__________________
指示でやってるのはブログとか懲戒請求書の体裁とか取りまとめられた箱とかから明らかなので,そこは別に要らないと思います。実行正犯を除いて首謀者のみ刑事責任を問うというのはいささか筋悪に感じる,と申し上げたのです。
__________________
なべきょう先生は、「一部の弁護士たちの進める示談の提案に乗ること」を反省の事実の顕著な証拠となると言われて居る。
すでに和解金を支払った方々が複数存在しています。これが非常に問題です。」の藤木氏とは相入れない意見だ。
私はなべきょう先生に精一杯の協力をして、和解した人への温情を今後も求めていく。
 ・

— なべきょう@過眠症 (@wata_nabekyo_ko) June 8, 2018

なので,「実行正犯を無答責にする代わりに余命の個人情報を教える」と言った類のご意見は,ついては余命の刑事責任追及を著しく困難にしかねず,所詮余命の掌中にあるか,実は余命なんたらの味方なのではないかとすら勘ぐっているところです。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります