3146. 心は痛まない

ツイート一発懲戒の「絶対王者」との和解期限は20日。あと4日。銀行が開くのは18-20の3日だけ。

もうタイムリミットだな。

私はガチの余命信者を救う義務はないと思っている。彼らは私に「死刑」を望んだ。彼らに何が起きても「因果応報」と私は言える立場にあると思っている。

なぜなら、これまで、ずっと余命の危険性に私は警鐘を鳴らしてきた。「訴訟」「告発」etcの恫喝&実行にもめげずに。

もう十分だろう。

藤木氏、瀬戸氏、小坪氏、

誰かの権威に縋り、自分で「和解」=「謝罪」をしなかったものも、カルトの教祖が余命から別の誰かに移っただけで自分で考えられない点、「開き直って反省してない」点では何も本質は変わっていないと思う。彼らを現実に戻すためには、ショック療法が必要だと私は思う。でなければ、また、別のカルトに鴨られるだけだ。

私が願うのは、「和解」した人=つまり「謝罪」できる人、自分で考えて行動できる人が、これ以上「川に落ちた犬を叩け」とばかりに狙われないことのみ。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/29cf6dd05105e5d9cf5ce3eb0b020f5f#comment-list

Unknown (Unknown)
2018-06-16 17:37:39
検索すればわかることなので敢えて名前は出さないが、「あまむし」はとある新興宗教団体を深く信仰していた過去がある。その宗教団体の方針に疑問を感じ、日本の未来を憂えたあまむしは余命に感化され、熱心な余命信者になった。あまむしは弁が立つので、元の宗教団体の人がそれなりの数、あまむしに従い、導かれることを望んでいる。あまむしに従ったその宗教団体の関係者、結構懲戒請求してるんじゃないかな。もともとそういうのに慣れている人は、余命に全く違和感を持たなかったのだろうし、自分を導いてくれるオピニオンリーダーのお言葉がないと生きていけないんだろうな。たとえ、その言葉にどんな毒を混ぜられても。
前に進もうと自ら努力し、自発的にカウンセリング行く人は尊敬に値すると思うが、羊根性が染み付いてる連中は救おうとするだけムダだよな。考えてみてよ。今の日本で、どれだけの数の人間が、どれだけの数の家庭が、宗教団体のせいでもめていると思う?有名なSだけじゃないよ?財産全部吸い上げれられてる奴って、どれくらいいると思う?
ここを読んでる皆は、そういう「かわいそうな」連中がいることを理解し、抜け出して「まとも」な生活ができるよう、助けてあげようと思ったことある?ないでしょ?余命教も同じ構図だよ?お金を本格的に吸い上げられるのはこれからだ、というだけで。
素人が宗教にガチではまってる連中を助けられないのと同じで、余命信者は手がつけようがないんだよ。「脅迫状」で目が覚めた人はサポートする価値があるかもしれないが、残りの連中は助けようとすると虚無感しかないぞ。余命に従ってることが連中の救いなんだから。
あんな連中を救えなかったことで人生を悔やむなんて、それこそ人生の無駄だ。ああなんなくてよかったな、と前見て生きようぜ。
Re:Unknown (terumi_satoh)
2018-06-16 17:46:30
そうなんだよね。
余命心理教って、いい得て妙だと思う。
余命と新興宗教って相性が良くて、日月神示とか、ハッピーサイエンスとか、
あまむしさんのところとかね。
羊たちは、「待ち望んでる」んだよ。
待ち望んだ結果も考えずにね。
もう、これ以上目覚める人は出てこないと思う。
となれば、こっちは羊さんに遠慮なく叩けるわけです。
もうそろそろ、いいよね?

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります