3135. 名前を与えないでください4

コメントいただきました。以下、コピペ

余命記事2566 に「京都弁護士会から懲戒請求認めない旨の連絡が来た」とご丁寧にもご報告してくれている投稿があります。
その中で、投稿者がこのような感想を述べています。
「名義人が取り下げたとありますが、自分は取り下げた覚えはなく、なんか読んでて血圧が上ります。」

実は、たまたま自分にも、京都弁護士会から同じ内容の決定書が来ました。
私も確かに取り下げた覚えはないのですが、血圧が上がることはありません・・・

しかしながら、京都弁護士会の次の言い分は理解できます。
>第2 証拠
1 懲戒請求書提出分 なし
2 会長声明は構成員個々人の懲戒請求にはなり得ない。
もちろん、上記の1及び2の言い分が正しいかどうか私には判断いたしかねますが、余命フィルターを取り払って世間一般の常識的見地及び法理学的見地から見れば、無理筋な懲戒請求理由に思えます。
まあ、自分は、それを事前に判断できなかったうつけ者ですが(苦笑)

で、このコメに対する余命の答えがこれです。
>.....突っ込みどころ満載だね。詭弁の連続で怒りよりは哀れみを感じさせられるレベルまで落ち込んでいる。もうこんな組織いらないな。

そのお言葉、そっくりそのまま余命に返したい気分です。

余命は、官邸や入管メールの件で、安倍総理を力づけるどころか逆に邪魔をしているように思えています。
やはり、いつまでも逃げていないで、責任を取ってほしいとは思います。
何せ、弁護士たちとの和解金だけでもン十万という大金を費やしましたので。
しかも、この先在日弁護士たちやナベキョウセンセイに訴えられないとも限らないし・・・

(以上、コメントありがとうございました。)

名義人ってのは、番号で書かれてます。例文の人は、1088号ですね。1138人中の1088番目の人。

取り下げた人は、

009号、077号、117号、307号、349号、570号、602号、937号、の8人と読むのだと思います。

(つまり1088さんが取り下げた覚えがないのは、先方も承知のこと)

そして、何にも証拠を添付しなかったんですね、本当に、いつもながら杜撰な仕事ぶりだ。

 

さて・・

余命読者は、官邸や入管メールの件で、安倍総理を力づけるつもりだったんですよね。

「安倍総理と二人三脚」「安倍シナリオだからな」「余命が露払い」

こんなセリフで、きっと官邸と関係のある人に違いないって思ってた人は多かったと思います。

「放談会」があるから自衛隊OBだと言う人、

「学生」と言うからには防衛大学の教官だった人だと言う人

「スヒョン文書を安倍首相が臥薪嘗胆して毎日読んでいた」と知るからには、官僚上がりの首相官邸の知恵袋だと言う人(ふぃくさーというHNの人は自分がフィクサーだと言ってるのではなく、余命がフィクサーだと言いたいサクラだと私は思っています)

「入管は通報に備えて増強された」と言う言葉を信じて、内部の人だと思った人、

「官邸メールを送ると安倍さんの助けになる、安倍さんのやりたいことが国民の後押しで実現する」と思った人。

色々だったと思います。

アベイタコと反余命勢力では読んでました。私は「官邸の方から来ました話法」と言ってました。「消防署の方から来ました」と消火器を売りつける人と同じだと言う意味で。

いかんせん、誰も来てくれない過疎ブログでインパクトはありませんでしたが。

小坪先生は余命が「わしが出る」と言ったのを必死に止めたと、週刊プレイボーイの記者にまで語ったそうですが、私はそんなエピソードは作り話だと思っています。なぜなら、それなら最初から、「津崎さん」を代表者にする必要はない、余命が代表になっていたはずなんです。

懲戒請求書も自分で出してたはずなんです。

私が腹を立てているのは、「被害者救済」と言いつつも、余命の身元は明らかにしない「保守の人たち」です。全員グルじゃないかとすら思います。青山さんなんかのことは平気でDisるのに、余命だけは怖くてサワレナイって変です。

大金払って和解した人に、これ以上の追い討ちはないことを、私はこれからも願い続けて行くつもりです。

民事で余命からお金を取り戻すのは洗濯が企画してますが、無理だろうと思っています。すでに口座のお金はトンネル会社を通して、どこかに行ったのだろうと思います(通帳が急に空っぽになったのだそうですから、最初の「すみれの会」は桜井のものだったし。)

私は余命を刑事告訴してくれると弁護士さんたちに期待しています。私の知る限りの資料は、読者の方がまとめて送ってくださいました。(私は簡略にすることが出来ないので)

誰がどう見ても、自分で出してない御大こそが「諸悪の根源」ですから、逃げないうちに、お巡りさんに捕まえて欲しいです。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります