3112. 残酷になろう3

小坪先生は、必死に「弁護士会の個人情報漏洩」を問題にしている。

これって、諸刃の剣 なんですよね。

彼は懲戒請求者を内部告発者に見立てて、その個人情報は守れって意味でしょ?

(論破は小倉羊羹2を参照のこと)

その前提に立つと、余命に給料もらえてないって騒いだ「せんたく」と、その「せんたく」を拾ったテキサス親父さんのことは、内部告発者として余命一派から守らなくてはならないことになる。

今回の「保守の汚名事件」の最大のポイントは、普段なら内情を自分だけが知っている=良い事のはずが、内情を知っている=お前も共犯か?となる事です。

これが杉田水脈議員なら、俺は彼女の秘書と知り合いだは凄い事。でも、「秘書のななこ」と知り合いだ、はどういう意味になるでしょう?

文字の声が聞こえてきた!!!

これは「青林堂から関係各位への通達」で残酷先生は「上からの声」に忠実に従うものとして妄想して読んでみましょう。

https://samurai20.jp/2018/06/niigata/

より”内”は引用。

“この記事をもって「余命サイドは終わり」ぐらいに思っていた方がいたようですが、ところがどっこい、私が取材に応じてしまっているため「そういう用途には使えない」記事になっているからです。”

   黒幕の正体をバラす記事にはなってません。残念でした。

“また、この情報を持っていたのは「懲戒請求者を訴えると記者会見した弁護士ら」と、私ぐらいなのですけれど、プレイボーイが懲戒請求の件を取り上げると、ネットの一部にはすでに流出しているようですね。”

この情報=余命の正体

ネットの一部には確かに「やまとと役員を共通にする会社の法人情報」が流れています。法人登記は個人情報ではない公的な記録で誰でも入手可能ですが、タクシー運転手だったなどのエピソードについては、私個人はホラ話の可能性もあるとして、これまで採用してきませんでした。

“この点に関しましては、「先ほどの論功行賞」に絡め、私が同時運用してきた議員らとも情報を共有させて頂き、どこが流出経路であるかは(私以外の者に)調査指示を出しました。結果に基づき、適切な処理がなされることでしょう。”

  某出版社の役員らとも情報を共有し、どこに流出経路があるかは既に知ってますから、「せんたく」テメェ覚えてろよ! とのことです。

”弁護士側と、一部の者が内通している危険性について、議論がなされているということです。
(それなりに公式なところが動いているので、そちらの陣営からすると勝手なことをするなと面白くないみたいんですよ。)”

   うちのバックに誰がついてるか、知ってるよな?

  (私は知りませんが、そちらの内部に居れば知ってる怖い人がいるんでしょうね)

あくまで「文字から繰り出される妄想」だと、申し添えておきます。

ttps://www.youtube.com/watch?v=Ag2x58LruVI

01:06
あのーなんとですねえっとまぁ余命三年さん
01:11
ですねあの方が
01:13
ですねの正体が何とわかってしまうられてしまったので来週の月曜日
01:19
はい6月の11日週刊プレゲーム こちらの方でですね素性が出て
01:27
しまうということのようでございます
108:28
これでできますよね皆さんねー
108:31
この下の子問題がこれ下のほうですよ皆さん
108:35
ネット上のゆがんだ集団よな牛コードを先導したら誰だ
108:41
弁護士懲戒請求中30000系の黒幕
108:44
余命33年の正体がわかった
108:49
週刊プレイボーイ来週月曜日発売ということですね
108:55
ついに分かってしまったという事でしょうかねぇ
112:09
刑事か民事かがわかりませんけど
112:14
まあその
112:16
多分表逃げることになるでしょ
112:19
その時のために今ちこちが取材しているようです週刊金曜日も取材しているらしいです
112:24
112:25
それからまあもうねえ
112:27
テレビ局なんかもやっているそうですよね
112:31
高島平にいるそうですよ
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります