3110. 冴えてるテルミン

今日の凸の記事はとてもいい。

でも、長いから引用省略。「抜けた」匿名さんがHNを考えたら、別記事で収録する予定。

その前に

私はもう1つの方に突っ込んでおく。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/9e983b17da70023cb1ff7f18254161d2#comment-list

あと、小坪ブログで櫻盛居士さんが言っていたこと。

『”騙された被害者を救う”と謳ってる連中の中で、誰か一人でも「俺が不問になる様に話を付けて来るぜ!!」と動いた人は居ましたかね?
件の弁護士と対峙出来るだけの戦力を提供した人は居ましたかね?』

って書いてある。

不問になる様に話をつけた人はいませんでしたが、「和解」の道を編み出してくれた人はいたと思います。

一番、最初に、佐々木先生か北先生に接触した「余命読者」が誰だったのか、わかりませんが、そのひとのキャラが「和解」という選択肢を、2人の先生から引き出したんだと思います。

片や、残酷先生がやったことは、メンドクセー小倉先生を本気にさせたこと。

せっかく、全員に和解のチャンスを与えるお手紙って記者会見で言ってた北先生に、いきなり訴訟が「品位」だと言わせた人とか。

他の士業とは別格の弁護士会に対して、メテなんチャラは効かない。

余命サポーターがやっていることは、逆効果ではないかと思います。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります