3093. 今日が期限

藤木組に参加表明する期限は今日ですって。彼がどうやって助けるつもりかは私は知りません。

私は、「騙されようが騙されてなかろうが」被害を受けた人にとっては同じでしょうという立場です。やったことに対する責任はある。羊たちは「加害者」の立場から謝罪・和解を経てこそ、被害者面することが許されるようになると私は思っています。

よって、和解一択をお勧めする次第です。

和解期限は

6/20まで ← ノースチーム
6/30まで ← 小倉先生、神原チーム

です。

裁判になれば、住所・氏名は公表されます(誰でも閲覧可能のリストとなる)。NHKなどマスコミが動いて居るそうですので、彼らのカメラに捉えられる可能性もあります。

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

 

余命のデマに騙されて懲戒請求をしてしまった方々へ


 
 
北・佐々木弁護士の和解の期限は6月20日である。すでに3週間を切っている。
このまま、裁判所へ行かなければ、その時点で待ったなしの敗訴となり、弁護士が要求している額を支払わなければならないことになる。余命の「放置して良い」は、「敗訴しろ」と同じである。
 
しかし、今なら、まだ間に合う。自分が余命のデマに騙されて、弁護士に懲戒請求を出してしまい、被害を受けた思う方は、出来るだけ早急に連絡をしてきて欲しい
 info(アットマーク)texas-daddy.com (アットマーク)の部分には半角英数で@のみを入れる。
 
ぎりぎりでは、十分な時間がないために準備ができない。6月10日までに申し出られた分に関しては、その後の処理の仕方に関して話し合う予定である。
 
すでに裁判所より特別送達で口頭弁論期日が書かれ紙を受け取った方も、同様に連絡してきて欲しい。
 
方法に関しては、相手がある事なので公表はしない。しかし、被害を最小限に抑えることを目的とした方法をすでに考えている。
(以上、引用)
https://www.youtube.com/watch?v=Ag2x58LruVI
ワールド オヤジ サテライト
では、最近、せんたくとは連絡をとってないとのことでした。
だから、「余命の責任を訊す会」とは別口のようです。
「助けを求める信者複数から連絡をいただいており、聴取もしています。」と書いておられます。
一般的に「複数」とは、二人以上をさしますが「多数」という表現ではない。
おそらく3桁ではないでしょう。
まだマジョリティは、余命=小坪サイドに居る。
  • 余命に騙されても自業自得
  • カルトから信者を引き離すのは、親でも難しい事
  • すでに余命信者たちの中で、余命はカルト教祖、神格化されている。更なる命令を余命が下しても、盲目的にそれに従うであろう信者たちだ。この信者たちは、すでに救済の対象ではない
「ひとまとまりになる」と言っておられますが、すでにして相当数を彼も見捨てることにしたのだと私は推測しますが、どうでしょうか?
いずれ分かることですが、ヲチャはあれこれ妄想が捗ります。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります