3088. 名前を与えないでください2

コメントいただきました。

>各弁護士に対する反訴損害賠償請求が事実上、集団訴訟の印紙代だけでひとり請求額1000万円としても巨額となり、うずしおでは負担しきれないことから、選定当事者を20名程度に絞り、数ブロックに分けて対応することにした。そのためうずしおでの委任状が必要なくなっている。
当初、事案が事案であるだけに、反訴損害賠償請求者は数分の一程度とみていたのだがなんと現状、1人の脱落者もいないという当事者も信じられない奇跡が起きている。

以上、>2553 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった29
のブログにあった余命本人のコメントですが、未だに「1人の脱落者もいないという当事者も信じられない奇跡が起きている。」との発言。
本当にそう思っているのなら、救いようのない馬鹿ですし、本当は和解した信者がいることを知っての上での発言なら、悪質な確信犯ではないでしょうかねえ。

又、「、集団訴訟の印紙代だけでひとり請求額1000万円としても巨額となり、うずしおでは負担しきれないことから、選定当事者を20名程度に絞り、数ブロックに分けて対応することにした。そのためうずしおでの委任状が必要なくなっている。」という発言も、突っ込みどころ満載だと思われます。
まず、選定当事者を20名程度に絞るのはいいとしても、委任状が必要なくなっているというのはおかしいのでは?
選定当事者に任せるのでしたら、委任状は必須だというのが常識でしょうに。
そして、「うずしおでは負担しきれない」というのは、結局訴訟費用は全額自己負担という意味で、信者を助ける気持ちも余裕もないと見做されても仕方ありません。
そもそも、ひとり請求額1000万円って・・・
あの神原弁護士らでさえ250万円程度の損害賠償請求額なのに、果たしてそんな高額な請求額に必要な印紙代も回収できる見込みがあるのかどうか、大法螺に踊らされる信者が少しでも減ることを願わずにいられません。
ブログ主様、如何思われますか?
あ、お忙しいのならお答えは結構ですが。

(以上、コメントありがとうございました)

新しい余命記事がUpされていたのですね。最近は、Twitterが忙しくて、すっかり余命記事へのツッコミをサボってましたが。

いつの間にやら、選定当事者で行くことになってるのですね。委任状っていうのは、おそらく「五十六パパかく戦えり」に付録させて居た委任状のことでしょう。内容は見てませんが、佐々木弁護士に対する民事訴訟用だったはずです。以前から、それは必要ないと何度余命が言っても送ってくる人がいるから困っているんでしょうね。

選定当事者を選ぶものなら、それはそれで、新しく作る必要があるわけで。

情報を一度リセットしたいのに、なかなかリセットボタンが効かない状態でしょう。

脱落者がいないと言わないと、士気が下がるから、必死に鼓舞しているのでしょう。誰も脱落すると宣言することなく、黙って去って行っているだけです。脱落者が居ない=全員が残っていることは意味しないのですが、小坪先生まで、そんなことを以前、おっしゃってましたから、数学ができない人が多いのだと思います。

うずしおが印紙代も何も負担しないというのも昔から言ってます。

余命2378記事(お知らせ2)・・・・・本人訴訟であるため、裁判所が代理人についてどう対応するか大変楽しみである。まあ、結局は権利者が5人、10人集まって数十グループが別々に提訴ということになるだろう。その方が面倒がない。
その際に、うずしおが印紙代その他、どの程度支援できるかは状況次第である現状、決まっているのは、勝訴で賠償あるいは慰謝料を得た場合には、経費を除いたその半額をうずしお基金に1年間預託していただくことにしている。寄付の率は検討中である。

どこまでもどこまでも、余命はちゃんと自分(=うずしお基金のお金)を逃すことは出来るように書いてます。読者が勝手に自分に都合の良い解釈をしている「余命ブログを読まない余命読者」なだけです。

選定当事者を決めても、その人がまともな反論をできなければ、全員、敗訴決定です。法廷に行かなくて済むってだけでも、宿泊費や交通費その他の金銭的負担や、平日に仕事を休んでマスコミの前を通って法廷に立つ精神的負担はなくなるとは思いますが、果たして、誰が選定当事者を勤めてくれるか、そこからしてが問題かと思います。

私は以前から、散々、「負けた場合はどうするの?」って書いてきましたが、今の余命ブログの読者は余命ブログしか読まない宣言しているから、もう、脱洗脳は無理でしょうね。

私はあれらの人たちのことは既に諦めてます。小坪さん瀬戸さん藤木さんに任せました。

今では、「和解」を選ぶことのできた人が不利にならないように、しか考えていません。

余命が裏切り者を探し出して個人情報晒すとか、池田先生が謝罪してきた人からまず訴えるとか、そんなことがないように、ってところに気を配るので精一杯。

敢えてツッコムなら、

また、青林堂「ジャパニズム」の発売日でもある。
いずれもよろしくお願いしたい。

これだけですね。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

ジャパニズム43

[対談]
国連で日本を貶めるリベラルな人たち 杉田水脈 田沼たかし

[インタビュー]
仮想通貨取引規制によって追い詰められていくアングラマネー 渡邉哲也
憲法改正 段階を経た根本改正で、日本にふさわしい憲法を 藤井厳喜
ネット保守への言論弾圧と政治の動き 小坪しんや
中国に身売りされた日本企業の阿鼻叫喚 深田萌絵
野党共闘の裏に北朝鮮 一刻も早いスパイ取締法の立法を急げ カミカゼじゃあのwww

日米同盟のキーマンは誰か 〈インテリジェンス〉入門 江崎道朗
詔にみる天皇の〝しろしめす〟国 矢作直樹
セクハラ・パワハラで委縮する社会 赤尾由美
次々と暴かれる東京管理職ユニオンの正体 井上太郎@kaminoishi
関西生コン闘争記「労働運動と金」 瀬戸弘幸

東アジアの安保環境に与える半島情勢の〝急変〟 佐藤守
ねずさんの読み解く『古事記』 伊耶那岐命と伊耶那美命その二 小名木善行
中国が狙う日本の最先端技術 坂東忠信
大日本國士列傳 第六回 大川周明 田中健之

チバレイのフォトレポート 第三回 千葉麗子
セクハラ問題、どう考える?反安倍に利用される#MeToo運動 KAZUYA
朝鮮半島に注目が集まる中、中国は着実に海洋進出を進めている 宇田川敬介
反基地派は正義のヒーロー?現地から沖縄2大県紙の報道を検証する 仲新城誠
現役秘書が語る国会と官僚の裏事情5 吉田燈
陸上自衛隊史上最大の大改革&改編 前編 渡邉陽子
羽生結弦選手の仙台凱旋パレードにはためいた2万本の日の丸手旗 及川俊信
靖國神社崇敬奉賛会 青年部 「あさなぎ」
パンパカ工務店

[漫画]
日之丸街宣女子 第24話 「ヘイト」法の生むもの 作・岡田壱花 画・富田安紀子
テコンダー朴 第26話 「地獄の島―日帝植民地・沖縄」 作・白正男 画・山戸大輔
愛国少女 ウヨ子ちゃん 第4話 作・画 小林拓己
大和撫子が行く! 支那太狼の大和家急接近に隠された真実とは? 孫向文

[コラム]
保守速報を読む