3067. お返事

非公開コメントにお返事。

「脅せば引くだろう」「決めつけを続ければ黙るだろう」
「権威をふりかざせば靡くだろう」
「仲間にしてやると言えばホイホイとついてくるだろう」
ネットの悪魔よりも、姿形のあるリアルの私は、ただの主婦。
もっともっと雑魚に見られてますので、よくある話でしかないのでした。
この3つのルートを歩む人は「素の人間性」や「ファクト」では勝負できないと、私の濃密な人生経験が語ります。
結局、早々に信者を切り捨てに入ってますよね?
なりふり構わぬと言ってもいい。
どんな組織論をぶち上げても、目の前に迫ってくるのは「個別の訴訟」で、訴訟を起こす権利は誰にも認められている。たとえ国会議員であろうとも法廷にまでは「非弁」の外野は入っていけません。
余命クラスターなどとまとめて数を誇って見ても、彼ら一人一人は自分に火の粉が降りかかってきて初めて、戦いという言葉に無意味に酔いしれていたことに気づきます。
その時が、もう、目の前に迫っている。
だから、言い訳にならない言い訳、理由にならない理由をでっち上げてでも、余命信者とは距離を置かなければならない。
ただ、彼らの変節に気づく能力の残っている人は、今の信者の中にはもう居ないのだろうなぁと、寂しくも思います。
人はあそこまで劣化するものかと。情けなくも思います。