3044. 既知既報の事実

「実は」余命ブログの売り文句です。

私のブログもそうです。ただのヲチですからね。

誰にでも手にいれられる情報の「解釈の仕方」「別な読み方」を提供している。それが「悪魔の提唱」の意味です。闇の力なんて持ってませんよ。

高校生のレベルの言葉に直せば「テーゼ(余命)」に対する「アンチテーゼ(反余命)」

ただの主婦の私には偉い人とのコネもありませんから、一般人が確かめようのない話は致しません。

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-116.html

1つ、思い出したことはあるが、この余命にあう前に、某出版社の専務から私に耳打ちされたことがある。もし、その事を言っているのであれば、それは、私の言葉ではなく、某出版社の専務が言ったことである。今は、それが何かはあえて今、ここでは書かない。

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

方法に関しては、相手がある事なので公表はしない。しかし、被害を最小限に抑えることを目的とした方法をすでに考えている。

http://fakebookfraud.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

ペンタゴンの中枢からや、FBIの友人と電話で話したレベルの話である。

 1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります