3041. 余命シンクロ度

私の独自基準です。

私は組織力のない、市井の主婦に過ぎません。やっていることは「言論の自由」の範囲内。言葉でやりあえばいいものを、訴えるぞ!と黙らせようという手口は余命にさんざん、やられました。

弁護士懲戒請求が話題になってますが、その前の「外患誘致罪大量告発」で、1800人、1300人、960人から、「死刑になれ」と告発状を東京地検に送られたことになっています。

その他、佐々木先生と「共謀罪」って書かれたNo231告発状というのもあります。これが960人分あるはず。

 

弁護士でもない被害者って、明確なのは、私以外には伏見組ぐらいでしょう。

そんな私の独自基準は、私に対する個人攻撃の度合い=余命シンクロ度です。

異論は認めない。

1位。youtuber 「せんたく」=120%

個人情報に427000円の懸賞金をかけ、殺害予告動画も流しました。余命と対談して余命プロジェクト拡散に協力した共犯者。

2位、#もともと残酷で有名だった=100%

政治家の公的な場「公式ブログ」での発言の引用を「著作権法違反」として告訴するとのことでした。「実は」彼は懲戒請求は煽ってないんですよね、誰がなんと言っても。

3位、ある方も「名誉毀損で訴える」とのことです。=80%

瀬戸氏は、私がブログに書き込んだコメントを削除することなく掲載してくださいました。私個人に対する攻撃は、今の所、受けておりません。

こうしてみると、悪魔独自基準では人間性は瀬戸さんが一番高評価です。ただ、彼にどれだけの実行力があるか、そこが残念ながら見えません。

シンクロ度と言うのが違和感があるなら、余命モドキ度でもいいです。

そして悪魔独自基準の「脱余命度」は、謝罪ができるかどうか、その1点のみ。

あーだ、こーだ、グダグダ言う前に、謝罪すべきことがあるんじゃないの?と問うた時、瞬時に謝罪ができる人は、己と向き合うことができた人で、やり直すことができる黄金の橋を渡って戻ってくることが許されるべきだと思っています。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります