3019. おまわりさ〜ん!

と言われても警察は面倒なことは嫌だろう。

https://blog.goo.ne.jp/terumi_satoh/e/ca757eeb1c23b797c3333c8a13e12f13

余命が得意なのは「警察頭越しの検察への告発」の間違いでは?

 

私がせんたくにして欲しかったのは、「佐々木ノース組」に知る限りの事実を伝えて欲しかった。警察の負担が少ない、でも、絶対に動かなくてはならない「告訴状」を弁護士さんたちなら作れるからだ。

本当に余命を糾弾するつもりならば、警察へ「共犯者」として自首でも良かった。自白があれば警察も動き易い。

「俺の金を取り返したい、でも、契約書はありません。」彼がやったのは、弁護士に相談して「そりゃ、無理だわ」と言われただけ。

あいつの根性が腐っていたために、被害者は増えた。

7月26日 初面会、16日のデモ撮影費10万円受領
8月16日 プロジェクト会議 8月16日 毎月50万円の報酬で余命PT参加打診、口頭受託

懲戒請求の概要が発表になったのは、9月29日。せんたくはすでにjoinしていた。

レターパックで署名用紙が届いたという記事が出たのが10月19日。それから署名を集めた。

9月10日 プロジェクト会議 9月10日 五十六 × せんたく 生対談動画撮影
9月17日 プロジェクト会議 9月17日 余命 × せんたく 生対談動画撮影-1
9月中旬 第六次告発
9月25日 鬼怒川合宿 9月25日 鬼怒川合宿
9月27日 9月27日
10月10日 2人合宿、余命 × せんたく 生対談動画撮影-2、3
10月11日
10月中旬 事務所移転 10月中旬 引越し作業
新事務所 10月21日 余命 × せんたく 生対談動画撮影-4、5
10月30日 余命 × せんたく 生対談動画撮影-6、7
11月4日 余命 × せんたく 生対談動画撮影-8

集めている1ヶ月の間に、彼は何度も余命と対談して煽っている。日本の宝だ、すごいすごいとプロバガンダ放送を垂れ流した。

大和会が弁護士会に発送したのは11月10日。

余命2013 (2017/11/11).....昨日、全国の朝鮮人学校補助金支給要求声明発出弁護士会の所属弁護士全員に懲戒請求書が送られた。

せんたくのyomei.jpには、この時系列は意図的に抜いてある。

何が自分が参加した時には、終わっていただ?

嘘つきは余命の始まり。

ダウトはアウト!

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあり