2970. あちゃ〜

原因はこれか〜

佐々木先生が記者発表をひっくり返してまで、いきなり訴訟に鞍替えしたのは。

いてててて

誰だよ! と思ったら

https://www.sankei.com/affairs/news/180524/afr1805240004-n1.html

男性は弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」所属。

HP見ると同業者に見える。この会がどう見られているかは業界通じゃないから知らないけど、ここからは余命関係なく内部闘争の域。

これを機会に、

綱紀委員会の先生も、会長先生も、システムを時代に合わせることを考えて下さいませんかノゥ。

と「完全な部外者」は思った。

私は「和解勧告」を出してくれるのは異例で会見は恫喝ではないと思いました。右にも左にも、ほとんど(佐々木先生の最後の一言を除き)偏りのない、いい会見だと見ました。

ツイッターをやってない人にまで、和解の可能性の通知を出してくれることを、素直にありがたいと思ったです。

裁判になる、民事は別に被告は被告人(犯罪者)ではありませんが、一般人はそうは思いませんもの。

猪野先生のように笑って許してくれる人がいる一方で、いきなり訴訟でくる人も居る。

ファーストペンギンは、特殊性を色々考えてくださった上で発表されたんだと思いますが。

もう、怪獣&戦隊&仮面ライダー、オール出演って感じです。

ここまでくると、私、頑張らなくてもいい気がして来ました。

業界内で広く真剣に議論されることを願います。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります