2965+. 非公開コメントに

お返事。

色々とご心配をおかけして、申し訳ありません。

寄付は余命本体に自分ではたどり着けないと思ったからです。だから、私が知り得た情報の真偽を確かめてくださる可能性があるのは、あの二人だけなんです。探偵雇うとなると100万とかかかります。ちょっと自分では契約できない。

北先生自体が、朝鮮学校補助金声明に対してどんな考えをお持ちか、知りません。でも、今のところ「首謀者の刑事告訴」を言ってるのは、あの方達だけなんです。

 

昨年、私はせっせと弁護士さんをフォローしました。弁護士で出てくる人をかたっぱしから。五百人ぐらいにはなったと思います。ほぼ網羅してると思います。佐々木先生のツイートで、多少、フォローバックがあった時、誰もが首謀者に興味は示さず、自分のところに来たら返り討ちにしてやる大金をとってやる、異口同音にそんな反応でした。

 

やっと、

  • 余命が操ったこと、
  • 余命は自分では出してないこと
  • 後ろに出版社がいること、
  • お抱え文化人まで動員して洗脳したこと

知れ渡って来ました。

余命クラスターは瓦解しました。操れる人間の数は相当に減った。もう余命は最後の本No.10,11も出せないでしょう。影響力は完全に削いだ。

洗脳の過程が知れ渡れば、知るワクチンにもなる。二匹目の詐欺師へのネット社会の抵抗性はついたと思う。

物事は悪い方には行ってないと思います。私の悩みは、前よりは軽い。誰も来ないブログで一人で叫んでいた時の孤独感に比べたら、はるかに軽い。

いつになったら潰れてくれるのだろうと思いながら、ずっと毎日、毎日、不毛だなぁ、と思いつつも、私は結界なんだと自分に言い聞かせて居た頃に比べたら、気持ちは全く違う。

共同不法行為について、私はよく知りません。だから、正しいことが見えなくなった気がする、それだけです。

今は、どっちの解釈が正しいのか、知りたいです。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります

裁判になれば名簿に名前が出ます。

勝つためには裁判にしなければ、勝てません。勝つ可能性は私には判断できなくなりました。(ここが悩みの1つのポイントでした。共同不法行為論と総額の問題。)

名前が出ても構わない人は、和解しない選択肢が取れますが、名前が出るのはやはり、という方は和解しか選択肢がない。(そこは間違ってないアドバイスだったと思う)

ただし、誰か一人でも和解しない方がいるとこれまでの和解金が無駄になる(これが私の悩みのもう1つのポイントでした。多分、今の世論からして、会長副会長はスルーするだろうと思う。残るはあと、数人の意思は未確認。だけど、おそらく「いきなり訴訟」はないだろう、あの神原先生だって和解可能なんだからと推定し、悩みから外しました。)

このように私は自分の悩みを整理しました。