2964. マイナンバーお届けセット

が銀行から届いた。ついでにNISA口座を持ちたければ、こっち。必要なければ、こっちを使ってって紙に、マイナンバーカードのコピーを貼って提出してくださいって。

普通預金口座対象ではなく、個人国債を買った時の投資用の口座だけが対象らしいけど。

いずれ、普通預金口座もこうやって紐づけられていくんだろうな。

 

私が余命ブログにハマった初代の頃、マイナンバーに櫻井よし子さんは「住民基本台帳」の時代から批判しておられた延長で、批判的だった。(例によって三代目余命は櫻井よし子さんのことも敵視した。)

私はアメリカに居た時には、社会保障番号がどんな時にも必要なのに慣れて居たから抵抗はなかった。マイナンバーに名寄せすれば、所得隠しをする悪い人が見つかって税金も取れるし、不正受給する人も居なくなっていいことだらけだって説明に、すごく納得して、これがハマったきっかけだった。

在韓米軍撤退や半島有事に関する情報については、私は眉唾だと思い続けて来たのは、アメリカに居たことがあるためかもしれない。

余命の言う軍事解説に違和感がありながらも読み続けたのは、国会で審議されている法律が、さっぱりわからず、誰かに解説して欲しかったところもある。特にテロ三法とか、安保法制群とか、その辺の法は通ってもいいんだと言う余命の解説はわかりやすいと思って読んだ。

変だと思い始めたのは二代目がハードランディングを煽り始めた頃で、そんなこと、法治国家の日本でやってはいけないと思って、同じ疑問を抱く人を求めて2チャンネルにたどり着いた。

解説ブログだった余命ブログが、行動する保守運動に影響を受けて行動するようになって、違和感が強くなったのは、もともと、私がデモだの何だのと行動すること自体が嫌いなタイプだからかもしれない。口先だけ〜の人間だからだ。

行動する在特会には嫌悪を抱く、ライトな保守層みたいなのが余命にハマったんだと私は思う。(女性の比率が案外と高いのは、そのせいだと思う。)

何だかマイナンバーとは関係なくなってしまった(最近、文章にキレがない・・・)

余命にハマった理由は今、話すと袋叩きに会うかもしれないが、敢えて、書いておく。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります