2889. 理事解任

コメントいただきました。以下、コピペ_________

理事交代
変更来歴 が4月26日ですので、つい最近だったのですね。
もっと揉めるかと思っていましたが、こういう所だけは動きが早い。
何処がやばいところか、余命PJTはよく把握しています。
その割には何故小野誠のような輩を引き入れたのが、理解に苦しみます。
小野誠に詐欺師をたらしこむほどの才能がある様には見えませんので尚更。

法人の所在地はgoogle画像から見て、以前小野誠が動画で上げていたマンションに見えます。
画像右下の木の形状や右端に見える歩道から同じと判断しています。
登記は平日でないと取れませんが、恐らく関係者でしょう。
うろつき禁止条例が無ければ見に行きたいところですが。
国内所在地(1行表示) 東京都板橋区高島平2丁目26番3-934号
https://www.houjin.info/detail/6020005013015/
https://robins.jipdec.or.jp/robins/reference_DetailAction.do?robinsKey=10672084796611

 

小野誠は自分が代表理事でなくなったから自分は被害者だと抜かしていますが、呆れます。
加担度合いの違いはあれ、小野誠は加害者サイドです。
小野誠には恥も反省もない、ということが改めて確認できただけでした。
ここ最近の動きも、狙いは自分は余命に騙された側だと情状酌量の余地を訴え、実刑を免れることでしょう。
或いは余命側と何らかの手打ちをしたのかもしれません。

 

余命に加担してしまった私が言うのもどうかと思いますし、余計なことかもしれませんし、不快に思われるかもしれませんが。。。

貴女が懲戒請求を出してしまった方々を救おうと奔走されていることは承知しています。
ですが、貴女がそこまでしなくて良いと思います。
扇動があったとはいえ、碌に調べずに貴女や他の一般人を死刑にしろと言い、理由にならない理由で懲戒請求までやってしまった人達です。
神原元弁護士とは思想が異なりますが、彼は頭が切れ、かつ自身の筋を通している人です。
ここ数日のツイートを見ても、賛成反対はあれども、懲戒請求の件で変なことは言っていません。

本来この件は弁護士会がもっと主体性を持って対応するべきで、そうであればここまで事態は悪化しなかったでしょう。
しかし、現状はそうなっていません。
ファーストペンギンが動いてしまった以上、もう弁護士会がどうこう言おうがこの動きは止められないと思います。
もし仮に他の弁護士さん達が止まったとしても、佐々木弁護士と北弁護士はカンパで500万円以上集めてしまったため、もう引くわけにはいかないのです。
やらなければ彼らが職を失い、詐欺として訴えられかねません。
それに、100名以上(175名)の弁護士さん達全員がノースライム基準を採用して下さるかどうか、分からないことです。

貴女は以前、余命の同人販売システムでは数を裁けないとおっしゃいました。
今は貴女の掲示板のトップページに出てくる懲戒請求を取り下げに動いている3名ですが、正直これ以上増やすのは難しいと思います。
文字のみのやり取りで、誤解やボタンの掛け違いのないやり取りをするのは大変なことです。
ここ数日お忙しく、お疲れのように見えます。

現状でも狭い余命界隈だけではなく、自己承認欲求だけが肥大したような手合いや悪意を持った心無い輩が少なからず入ってきています。
記者会見後は今の2chの賑わい程度では済まないでしょう。
これから何人貴女のところに来るか分かりませんが、もしかすると私生活の時間を全てそちらに割り振らなければならない状況になるかもしれません。
感謝もなければ助けてもらって当然というのもいるでしょうし、中にはなりすましの碌でないのもあるでしょう。
今までも誹謗中傷やいたずらは相当あったと思いますし、腹立たしい思いをされてきたと思います。
これからはそういうのがもっと増えます。
どんなに頑張っても、記者会見までがリミットではないでしょうか。

昔高校の恩師(国語・古文漢文担当)は立つ鳥跡を濁さず、有終の美を飾ると頻繁に言っていました。
差し出がましいですが、ご自身が潰れないようにどこまでを対応するか、そろそろ線を示された方が良いと思います。

 

あと、残念な市議にはもう態々絡みに行かなくて良いと思います。
あれはもうすぐ自分がドボンします。
行橋市の選挙の状況を見ると次も当選する可能性がありますが、影響力低下は避けられません。
左派にとっては青林堂は潰したい対象で工作含め止まらないでしょうが、右派は余命の件で青林堂を見捨てたようにも見えます。
もともとパワハラの件での青林堂擁護は無理筋です。
著名人で余命の詐欺と扇動擁護は法的にはともかく公序良俗から考えればアウトです。
私には残念な市議こそ、自分がドボンしないために有事を待ち望んでいるかのように見えてしまいます。

有事の可能性がなくなったわけではないという指摘はもっともですが、中東情勢がヤバいので、私は朝鮮半島有事はないという方に掛けたいと思います。

以上、失礼致します。

(ありがとうございました。)

神原弁護士が凄いと思ったのは、ネトウヨ、レイシストと罵倒しながらも、きっちり思想信条の自由の線を守っているところです。実際に彼の言葉を目にしたのはこの件についてが初めてなのですが、弁護士界隈で一目も二目も置かれるのは、こう言うことかと納得しました。

誹謗中傷、確かにあります。私が煽動した側だと決めつけて私のブログの持ち主を探ろうと言う動きは活発です。(ブログの名前が悪いんですよね。)あとは私がハードランディングを煽ってもないのに、ジェノサイドを言ってるとかね。(参照資料としてコピペしているからなぁ)

私が疲労する以上に、和解を申し出てくださった弁護士さんたちが疲労する。

私の懸念はそこです。

被告団?作った方がいいんだけどな。

反省してます謝罪します許してください組と、テヤンでぃ徹底抗戦組の2つぐらいで。

でも、そうすると口先だけ反省してますってだけじゃん!って言われて、世論を納得させるには逆効果だろうし。

私は、ブログは一旦は終了って本当に思ったんですけどね、渡邊哲也ツイートのことだけは言っておきたかったから、戻ってよかったと思っています。カタカナさんの遺稿?も残せたし。

また、どこかで投げ出す時は来ると思います。仕事がたてこむと時間もなくなるしね。この先のことは、突然、更新しなくなっても、その時は、そんなもんかと思ってください。

今後は、どこまで煽りん教団の全貌が明らかになるかが私の焦点です。

私は知りたい病なので、救済なんて偽善ではなく、自らの興味に駆り立てられるままに書き続けていくかもしれない。

佐々木弁護士は、ユニオン訴訟で社員の方からなんらかのことを聞いて、全貌を掴んでおられると願います。知りたい病は不治の病なので、早く治療薬=納得できる事実の開示が欲しいです。2時間ドラマの崖の上のシーンのような。

以下、せんたくスレの拾い物。いつもの「お困りの人」に草生える。これが評論家と言うものだよね。

554右や左の名無し様2018/05/12(土) 08:27:36.30ID:Egfo31NT

逃げてる渡邊哲也

https://twitter.com/kambara7/status/994377208771756032/photo/1

渡邉哲也@daitojimari
別件ですよ、私が評論したのはこの新聞記事 https://mainichi.jp/articles/20171012/k00/00m/040/144000c … へのものでしかなく、参加の呼びかけなどはしていない。 一般論として懲戒のリスクがあれば抑止力が働くのは当然の話RT @takapee99:
懲戒請求は個別の弁護士に対して行われたもの。
なぜ弁護士会の話が出てくる?
https://twitter.com/daitojimari/status/994543690486988800

渡邉哲也 認証済みアカウント @daitojimari

お困りの人が湧いてくるなぁ、必死に自らのストーリーに結びつけようとしている。相手にするだけ無駄ですね。

@daitojimari

無理やり結び付けようとしているのでは、第三者としての客観でしかない。RT @yamaokaharu: @daitojimari つまり、現象としてそうなることは、もっともである、正当であるということですね?

@daitojimari
渡邉哲也さんが山岡治夫をリツイートしました
懲戒のリスクがある 行動自粛に繋がるのは合理的であり、それを客観的に論説しただけですよ。 それ以上でも以下でもない。渡邉哲也さんが追加
山岡治夫

@yamaokaharu
返信先: @daitojimariさん
先生は弁護士会の活動を批判し、懲戒は抑止力になるとおっしゃっている。つまり、懲戒を肯定的に評価している。そして、懲戒は弁護士個人になされるものである。そこまでは、間違いないでしょうか?

@daitojimari
いいえ、現象としてそうなるというだけの話 RT @yamaokaharu: @daitojimari 先生は弁護士会の活動を批判し、懲戒は抑止力になるとおっしゃっている。つまり、懲戒を肯定的に評価している。そして、懲戒は弁護士個人になされるものである。そこまでは、間違いないでしょうか?

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります