2874. 自己満足シリーズ

昨日は、マジでボロ泣きしてたのですが、涙がストレスを流してくれたようで、今朝からなぜか通常モードに戻ってきてしまいました。

すみません、死ぬ死ぬ詐欺を働いてしまいました、余命三年を嗤えないですわ。

これまで掲載しなかった賛同コメントを自己満足で飾らせてください。

(以下、コピペ)_______________________

悪魔の提唱者様

お世話様です。

記事2871
お疲れ様でした。
改めて、余命に加担してしまい貴女に大変なご迷惑をお掛けしたことをお詫び致します。誠に申し訳ありませんでした。
また、誤った道を進み続けることを防いで下さったこと、本当に感謝しております。ありがとうございました。

Terumi_Satoh氏が言っておられますように、ここから先はもう当事者に委ねるべきです。
ここ数日で他の弁護士さん達の動きも表に出てきました。
弁護士さん達から訴訟をおこされる人達は、どんなに手遅れ・道理の通らないことであって救いを求めにあちこちに迷惑をかけていくでしょうし、あるいは不満のはけ口を求め逆恨みだってしてくるでしょう。
貴女がそんなことに関わる必要は全くありません。
貴女は十分すぎるほどに道を示して、訴えかけてきました。
この騒動の責任は余命と青林堂、余命を宣伝してきた著名人、そしてその裏にいる連中(私は自民党を疑っています、でなければ戸締り氏が動くわけがない)に取らせるべきですし、それは弁護士さん達・当事者やその関係者に任せるべきです。

(以上)___________________________

余命読者も様々だと思います。

いち早く行動して、ノースライム基準の基となる和解を成立させた方は、そこそこまともな人だったのだと思います。ノースライム先生が、そんなことを呟いておられました。

今回の破格の安値提示は、ノースライム先生の興味を引いた彼?の個性によるところもあると思います。

一方で、四季のうつろいさんのような扇動者側の人間もいる。彼らは簡単に悔い改めることはないので、神原先生に木っ端微塵にしてもらうのがいいと思います。

また、一般人で個人情報を握られて逃げられないと思い込んだ人もいる。

本当に無垢(バカとも言う)な人もいる。

「電波系」と言う言い方をしてきましたが、福祉案件の方もいる。精神障害を負ってるだろうと思われる人もいる。(だからと言って責任能力がないとは言いません)

様々な背景がある人たちの集団なんだと思います。

おそらく北先生、佐々木先生はひとりひとりと向き合ってくださっている。手間ばかりかかってお金にならないのに、ありがたいと思います。できればあまり言い訳せず、お手を煩わせることなく、心からの反省に至って欲しい。

不満のはけぐちを私に求めてくる人は、おそらく居ないでしょう。

私は一人でも多くの人が、ちゃんと自分と向き合って、これに懲りて全うな人生を歩めることを願って居ます。

一方で、余命に関わった言論人たち、特に渡邊哲也氏には何らかの因果応報があることかと存じます。今は彼は何の痛みも感じてないと思いますけどね。人の人生、そんなもんじゃないでしょう。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります