2870. コメントいただきました

3つ、掲載します。

一人目;夜分恐れ入りますさん

小坪市議の件について。

市議の感情的な振る舞いに、いささか不自然さを感じております。

私は数年来の小坪ブログ読者です。
後援会(個人献金)にも一口ですが寄付もしましたし、氏の書籍も初版で購入しました。
たまに炸裂する氏の自己陶酔感満載の文章もそれなりに楽しんでおりました。

ですから、気になるのです。

貴女は氏の言論を弾圧をした新聞記者ではありません。
氏を締め出す決議に賛同した行橋市議でもありません。
アンチや荒らしのように煽ったり人格攻撃をしかけた訳でもありません。

氏の怒りの沸点が、貴女にだけ異様に低いのです。

車好きへの揶揄に対する反応としても、怒りのエネルギーが釣り合わない。

貴女の質問から逃げて、著作権侵害に論点をずらしているけれど、わかりやすすぎる。

要するに、いつもの市議なら「もっとうまくかわす」だろうところが、どうも杜撰なのです。

IPやwhoisのくだりなど、まるで「反日左翼からの攻撃に立ち向かっている俺」アピールというか三文芝居というか…
デコイとすら思えてしまうほどに、今回の氏はよく踊る。

この動きが何かの陽動作戦だとしたら、何なのかなって考えているところです。

校正推敲なしに書いております、文面が崩れておりましたら申し訳ありません。

これしきのことにダメージを受ける貴女ではないと思いますが、やはり嫌な思いもされていらっしゃることでしょう。上手い労いのの言葉が思いつかなく恐縮ですが、何卒ご自愛くださいませ。

二人目:はじめまして

(前略、私信部分、お返事、あなたにはなんら責任はありません、ご心配なく

コメントの「認証」ですが、「初見さん」や「お久しぶりさん」、「いつもと条件変わったさん」は対応が遅れるのが常のようで、悪気も腹に一物もありません。念のため。私もたびたびありました。

また、コメントを返されていた「櫻盛居士さん」ですが、個人的には小坪さんのブログの常連で唯一、知性溢れる信頼できる方と捉えており、個人的に尊敬しております。誤解が生じないことを希望します。

メールアドレスは実在ですが、ネット住所として使っているだけでめったに見ません。
裁判所とプロバイダーを通せば、本人確認は可能です。

3人目:ええええええ

発信したいからブログやってるんじゃないの?
内緒にしたいならブログに書かんきゃいい話じゃんねえ
(以上です、コメントありがとうございました)
著作権? もはや政治家として誰かに自分の主張を聞いてもらいたい、自分の存在を有権者に知ってもらいたいという志は捨てて、出版業にジョブチェンジの宣言と受け取りました。
引用は削除しました。
政治上の演説等の利用
(第40条)
 [1]公開の場で行われた政治上の演説や陳述,裁判での公開の陳述は,ある一人の著作者のものを編集して利用する場合を除き,方法を問わず利用できる。
砲身の先を潰した大砲に球を詰めたら、どうなるか?
少し考えたらわかると思います。
中国は今、ビッグデータだのAIだの言ってます、あれは全ての言動を共産党が管理する世界を作るため、必死に頑張っているのです。だから世界最先端なんです。
小坪先生が目指すFree Japanも、そういう日本なのでしょう。残念でなりません。
「櫻盛居士さん」については、なんら思うところはありません。もう小坪ブログを訪問することもないので、よろしくお伝えください。

当ブログは著作権は主張しません。「非営利の拡散ブログ」です。

できるだけ多くの方に、余命三年時事日記のことを正確に知っていただきたくてツイッター始めました。情報開示請求も、懸賞金427000円かけての個人情報収集も、youtubeでの「殺害予告」も、すでに余命にやられたことです。自慢じゃないけど、「外患誘致罪=死刑一択」で3回、名誉毀損業務妨害其の他で3回、脅迫罪2回、共謀罪で1回、東京地検に告発された身です。数も多すぎて不正確かもしれない。ここに1つぐらい増えても死刑以上にはならないでしょう(笑)
昨日は当ブログのユニークアクセス過去最高でした。過去最高のページビューには届きませんでしたが。
引用が多く、コラージュのようで読みにくいとの声もありますが、どうか余命の真実拡散にご協力ください。私はこれ以上、犠牲者を増やしたくない。
頑張って最初の告発委任状の段階の1800名から960名まで減らしたのです。
今後、二度と、同じような目にあう人が出ないように、どうか、ネトウヨザマァと笑ってないで、先導者の追及にご協力ください。

ネットの力をお貸しください。

どうかよろしくお願い申し上げます。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります