2857. パヨパヨチーン!

やっちまいましたな、yoshさん。

これで立派な余命サポーターとして、T.K.さんにも認定して貰えるでしょう。H氏なら、こんな初歩的な知識不足を堂々と披露したりしない。

https://payoku.requiem.jp/11105

懲戒請求を巡る偽計工作案件と思われますが、佐々木弁護士としても、この件が事実であれば、犯罪の可能性が高いことからも、名誉毀損に該当すると思いますので、何らかの手を打った方がいいと思います(笑)さすがにお小遣いにもならない程度の示談金で、犯罪のリスクや弁護士資格喪失などの可能性もあるので、このような手続きは普通行わないでしょう。

懲戒請求の取り下げといっても、前提として日弁連は一連の懲戒請求について、懲戒請求とみなさないという声明を発しております。

全国の弁護士会に「特定団体」から懲戒請求続出…日弁連会長「不相当」「制度理解を」 – 弁護士ドットコム

日弁連の会長が「不相当」という声明を出すということは、懲戒請求として扱っていない以上、取り下げる意味が分からないし、示談?をするにしても、懲戒請求をした弁護士の数だけ取り下げる必要がありますし、何故佐々木弁護士と他1名になるのかなぁwww

あと、「懲戒請求は一般の告発事件と同様、個人情報が漏洩することはない」とありますが、これについては少し疑問を抱いております。第二東京弁護士会綱紀委員会委員長の櫻井光政氏がこんなツイートしてたのでwww

櫻井光政
@okinahimeji
濫訴的懲戒請求者に対する訴状を作成しました。日弁連で議論された件ではないので遠慮なく個別対応。正月には期日呼出上のお年玉が届くはず。喜んでくれるかな。

18:21 – 2017年12月29日

https://twitter.com/okinahimeji/status/946672393166061568

 

1684 懲戒請求アラカルト5 – 余命三年時事日記

余命様
私の所にも、第二東京弁護士会館から、「懲戒請求事件の調査開始の通知」が届きました。
2017年6月15日付
第二東京弁護士会館綱紀委員会
委員長 櫻井 光政

事案の表示 平成29年(コ)第198号乃至第201号
対象弁護士 早稲田 祐美子(第198号)
戸田 綾美(第199号)
神田 安積(第200号)
井出 直樹(第201号)

こちらにこの弁護士は当然リストアップされております。

2469 お知らせ0422 – 余命三年時事日記

◇ささきりょう@ssk_ryo
ささきりょうさんが櫻井光政をリツイートしました
そのつもりです!ささきりょうさんが追加
櫻井光政 @okinahimeji
返信先: @ssk_ryoさん
@myamadakg 損害賠償請求訴訟を起こされてはいかがですか。
23:43 – 2017年9月12日

懲戒請求は綱紀委員会が相手となりますが、、第二東京弁護士会綱紀委員会委員長の立ち位置で、「損害賠償請求訴訟を起こされてはいかがですか」という意味を理解しているのかなぁと思うんだけど・・・(苦笑)一応過去記事も紹介しときます。

(以上)

まず、1点目。

懲戒請求書のコピーが当事者に渡るのは、普通。余命の件だけじゃない。

こんなの来てまっせ? なんか申し開きあるなら聞きますけど?

っていうためのもの。愛知弁護士会は、余命にコピーを要求したのは、コピー代を懲戒請求者に負担させただけで、東京弁護士会は太っ腹にも自分たちでコピーして、綺麗にファイリングして渡してますね、さすがです。

私のところにコメントの形で相談に来られた懲戒請求者960人中の2人のところには、佐々木先生及びノースライム先生から何のお手紙も来てないそうです。謝罪文は送ったそうなので、じゃ、これで手打ちにしましょっか? もう二度としませんってハンコ押してね、って書類がいずれ届くのではないかと推測します。

だから、手元のファイルの情報を元に一斉に手紙を送ったわけじゃないと思いますよ、相手からのアプローチに返信しただけでしょう。

次、2点目。

会長先生の声明は、第六次の単位会丸ごと懲戒請求に対してのみ有効です。おそらく、以下のNoのものだけ「カウントしない」

172 茨城県弁護士会懲戒請求書
173 愛知県弁護士会懲戒請求書
175 岐阜県弁護士会懲戒請求書
176 京都弁護士会懲戒請求書
177 群馬弁護士会懲戒請求書
178 広島弁護士会懲戒請求書
179 埼玉弁護士会懲戒請求書
180 札幌弁護士会懲戒請求書
181 山口県弁護士会懲戒請求書
182 滋賀弁護士会懲戒請求書
183 新潟県弁護士会懲戒請求書
184 神奈川県弁護士会懲戒請求書
185 神奈川弁県護士会懲戒請求書川崎デモ
186 仙台弁護士会懲戒請求書
187 千葉県弁護士会懲戒請求書
188 大阪弁護士会懲戒請求書
189 東京弁護士会懲戒請求書
190 福岡県弁護士会懲戒請求書
191 兵庫県弁護士会懲戒請求書
192 和歌山県弁護士会懲戒請求書
193 日本弁護士連合会懲戒請求書
194 第一東京弁護士会懲戒請求書
195 第二東京弁護士会懲戒請求書

185 神奈川弁県護士会懲戒請求書川崎デモについてはどうかな? 個別扱いかもしれません。

今回の騒動は、こちらの5件でしょう。単独名だから別枠になったと見るべきでしょうね。

215? 佐々木亮懲戒請求書

232? 小倉秀夫懲戒請求書
233? 島崎量懲戒請求書
234? 渡邉恭子懲戒請求書
235? 北周士懲戒請求書

5名なのか2名なのか、そこが問題だ。

3名はゼロ円で許してくれたのか、それとも示談には応じない=告訴するなのか。

3点目。

懲戒請求は本来、取り下げできません。

綱紀委員会の決定が出ようが出なかろうが、本人の元に届いた段階で、弁護士さんの方からの告訴が可能。(自分が不当だと思えば、裁判で争える。負けるか勝つかは、個別の判断だが、民事訴訟の権利は生じる。)

示談に応じなければ訴訟します、これ民事訴訟の基本。

脅迫だ〜って言うなら、示談にしない民事で争います、と答えればいい。

頑張ってね、四季さん。傍聴には行きますわ。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります