2856. 黒子と出し子

議員請願を書いていて、どうして最初から、この正当なロビー活動の手法を使わなかったのか?と考えていて、気づいた。

日本再生大和会は会長は五十六パパだった。本名:津崎尚道 瑞穂尚武会会長

ある保守の看板の掛け替えと余命は言ってたのね。津崎さんの名前は外患罪告発委任状にサインした人は知っている。告発代表者の名前だもの。

黒子は余命さん、顔出し子は五十六さん

ところが、翌年になって黙って法人化した一般社団法人の代表理事は鈴木金三「在特会神奈川支部運営」

余命ブログにはとうとう一度も鈴木金三の名前は出なかった。

黒子は余命さんと鈴木さん、顔出し子はまだ五十六さん

さりげなく日本再生大和会のHPには、書いてあったのよね。

瑞穂尚武会との関係は完全に独立した状態です。
従って、金銭の授受は無く、今後尚武会についての話題を取り上げることはありません。

ヨホホホホホ

今は、「やまと」になって代表理事は「小野誠」日本をせんたくさん。

でも、通帳も印鑑ももらってないんだって。寄付金誰がくれたかわからないんだって。

黒子は余命さんと秘書さん、顔出し子は選択さんと金出し子のQ507

そして、議員請願ですよ←New!

見かけは小坪市議、でも、実態は和田議員。和田議員との直接つながりを、当時、知られるのは辛かったんでしょうね。多分。

今や機は熟したり? それとも早く蔵出しを迫られた?

どっちだろう> 妄想が楽しいです。

今日もヲチャにお恵みをありがとうございました。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります