2796. 請求書は「せんたく」宛

「日本再生大和会」の後継は「やまと」だ。両者どちらかに寄付した人が返還を要求した場合、返還責任は代表理事の「小野誠」にある。

もう1つの「うずしお」の代表は誰だろう? 伏せられている。余命ブログのどこにも書いてない。HPもない。余命本No.6789を買った人は奥付を見て。書いてないんじゃない?

代表が分からなければ、返還の請求のしようもない。だから社団法人としての登録は「すみれの会」も「うずしお」もしていない。社団法人は法人登記が公開情報となるからね。

よって信者は賠償金として使おうとしても、「うずしお」のお金は使えないし、返還を求めることもできない。

全ての請求書は「やまと」の「せんたく」宛てに集中するってことよ。

その第一号がQ507と「囲い」たちとは胸熱。

Q 507
ykoshi245さんは、軍事の事はスゴイですからね~なるほどです(同じ話は気づいてましたw)
そして、有田裁判。せんたくさんが1億と言っていた時に三千万ぐらいと、、、
あんな、事で三千万も取れるわけねぇ~~と思ってました。これからもよろしくでーす(o^^o)
愛国無罪なんてねぇ~ww せんたくさんは家にこもれと、、、無いですよ~有事なんてと鼻で笑う。
散歩に行きまーす(相変わらずです)Qは、1月に寄付をしちゃったんです。で、2月に生き埋めに
コレは、集めるだけ集めて、ハシゴを外す作戦wwwと笑ってられないんです。他にもいると思うので、、、
20 分前
883マンセー名無しさん2018/04/19(木) 17:18:32.13ID:G4XMW1jC>>885
信者被告団ねぇ~。それってどうなのという感じ。
現実問題として、ほとんどの信者は>>877>>878みたいな逝っちゃった連中。
こんなのがいたらまとまるわけがないし、
かりに被告団が出来たとしても足を引っ張るだけの存在になる。
自力で動いた人が数人でも助かれば上々だと思う。
行動したことの結果責任を取るのが社会のルール。
部外者が手助けするとしたら
「ネット詐欺被害回復訴訟原告団」のほうでしょう。
莫大な賠償金突きつけられてさすがの信者も我に帰るから
こちらの方は動き出せばまとまるはず。
1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります