2645. 悪魔師匠

Q507さんは私のことを、そう呼ぶ。

彼女には私が余命について言ってきたことが正しかったと今頃、身にしみてわかっているのだろう。敬意のかけらを感じることができて気に入っている。

何人?1人?を信頼して、感涙して、感動して、全てを捨ててでも付いて行くと心に誓って、、その結果は? せんたくチャンネルの一人一人の声を聞いて下さい。1人の声は小さくても、それがうねりとなり日本、世界に届く声になります それが、分からない限りは、もうチャンネルを見る事は無いでしょう。「努力と感謝」それを、決して忘れないで下さいね。 もう、お会いする事はないでしょうけど、いつでも、応援しています。 信用は(信頼)は1秒で失うという事を心に刻んで下さいね。せんたくさんを影で操り、全ての財産(人間関係)を破綻させられた事を 決して、決して、忘れないように。そして、その経験をどう生かすか。どうやって「自分』の信用を回復させるか。頑張って下さいね 長い付き合いでしたが、せんたくさんを信じ私がどの様な目にあったかを考え下さい。

こう書いてあったのもエイプリルフールなのかな?

ま、いいや。

どんな目に彼らがあったとしても私に一切の責任はない。私は忠告した。

その忠告を「反日国賊が」と言い、個人情報に懸賞金をかけ、「ご挨拶に伺う」と脅した。

自業自得だ。

何をしても「三倍返し」なんて無理と舐められた結果の「生き埋め」の三週間。

復活してきて、なぜ、そこでテルミンに凄んでBANする?

全く腐った根性。凄む相手が違うだろうが。

「努力と感謝」の前に「反省」が足りないと思う。

聞くべきは一緒に騙された「せんたくチャンネル」のヒヨッコどもの鳴き声じゃないと思うがね。

まだまだ判断が甘いノゥ。と、なまぬるく見守ることにしますわ。

私は悪魔なんでね、せんたくさんの無駄に高いプライドがもう一度、へし折られるのを楽しみにしてます。それだけのことを私は彼に言われたんでね。過去の経験に学ばない彼に未来はないと言っておきましょう。信じるべき人を信じず、信じてはいけない人を信じさせた。

今もなお、同じ過ちを繰り返している。だから大きなうねりになどならない。

物事にはタイミングがある、同じ一撃もタイミングを逃したら全く有効打にならないどころか自らに跳ね返る。もう既に遅すぎるぐらいだ。敵は十分に防御を硬くし逃げる準備も出来ただろう。

それが分かってないから勝てない。

所詮は誰かをいじめて遊んでるだけだね。何かをしているつもりだけ。結果が伴わないのはそのためだ。粋がっている暴走族と同じ、実はどこへも行けない。同じところを回っているだけ。

仏目の悪魔と節穴の選択。どちらが正しいか、427,000円を賭けてもいいですよ。

(死になって読むんですってね、427000円)

Qさんは特等席でご覧あれ。決して目をそらすことなく。せんたくがどうなっても、それはあなたの肥やしにはなる。

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります