2393. 反訴(wikiより)

日本での反訴

民事訴訟法146条に規定されている(旧民事訴訟法では239条および240条)。

要件

反訴は、以下の4つの要件を満たしていなければならない(民事訴訟法146条)。

  1. 事実審の口頭弁論終結前
    まず、原則として反訴は事実審(原告の主張の当否を審理する裁判で、通常は第一審や控訴審がこれにあたる)の口頭弁論終結前に提起しなくてはならない。ただし、控訴審で反訴を提起するには、相手方の同意か異議なき応訴(特に異議を申し立てることなく反訴に応じること)がなければならない。
  2. 本訴との関連性
    次に、反訴は本訴または本訴への防御方法と関連したものでなくてはならない(関連性の要件という)。ただし、相手方が反訴に同意または異議なく応訴しさえすれば、関連性がなくても構わない。
  3. 著しく訴訟手続が遅滞しないこと
    3つ目に、反訴の提起によって著しく訴訟手続が遅滞する場合は、反訴を提起することが許されない。これは前述のように反訴制度が当事者平等原則の要請に応えるという側面を持つことから、原告による訴えの変更の要件(143条1項但書)に対応して設けられたものである。
  4. 一般的な併合要件を満たすこと
    最後に、反訴請求が他の裁判所の専属管轄に属さないなど、一般的な訴えの併合の要件を満たしていなければならない。

以上の要件を満たさない反訴は、原則として却下(不適法却下)される、というのが通説および判例の考え方である。これに対して、独立の訴えとしての要件を満たしている限り、本訴とは別の訴えとして扱うべきだ、との有力説もある。

なお、人事訴訟については、本訴の請求との関連性は要求されず(人事訴訟法第18条)、また、反訴が禁止されている場合もある。

手続

本訴の手続に準じる(民事訴訟法146条3項)。

反訴を提起するには、本訴が係属している裁判所に対して、「反訴状」を提出する(民事訴訟法133条)

予備的反訴

反訴には、予備的反訴(よびてきはんそ)というものがあり、上述してきたような条件をつけない反訴のことを単純反訴(たんじゅんはんそ)といってこれと区別する。予備的反訴は、本訴に対して請求棄却を申し立てつつ、もしも請求が認容された場合(つまり敗訴した場合)に備えて提起する。法律学的には「本訴の却下または棄却を解除条件として提起される反訴」と表現される。

上記具体例でいけば、「土地を明け渡せ」というAの請求に対して、所有権は自分(B)にあるとして請求棄却(原告敗訴)の判決を求めつつ、もしも請求が認容された場合、すなわち土地の所有権はAにあるから「BはAに土地を明け渡せ」という原告勝訴の判決がでた場合には賃借権があることの確認を求める訴えが反訴として提起されることになるのである。

反訴が禁止される場合

下記の訴訟手続においては、手続の性質上、明文で反訴が禁止されている。

(以上)

少額訴訟制度(しょうがくそしょうせいど)とは、日本民事訴訟において、60万円以下の金銭の支払請求について争う裁判制度である。 民事訴訟法に規定がある(368条から381条まで)。

でも、余命さんは採用しないだろうなぁ。

余命2378記事(2018/2/19) 佐々木亮弁護士脅迫罪
懲戒請求者全員に「おとしまえをつけてやる」とケンカを売ったんだから、当然、民事訴訟は受けて立つだろう。まあ、1300人がすべて告訴するとは思えないが、大阪地裁はまとめサイトの誹謗中書事案の2200万円請求に200万円の判決を出している。それよりははるかに重い刑事事案であるから3000万円くらいはぶっかけたいよな。

取らぬ狸の皮算用は大きく出ないと夢がないし。最初から強気だもんね。今更、引けないよね。

余命2138記事(2017/12/27).....正解!いろいろ候補があったのだが、これが出たら全員一致で決まった。
この「うずしお」は訴訟基金である。それも勝てる訴訟しかしない攻撃的基金である。

そういえば、企業からの寄付ってどうなったっけ?

余命2138記事(2017/12/27)・・・・・現在、定款のチェック中で、基本的には訴訟関係は「うずしお」、オンブズマン的役割や、また、日本の世界や人類のための活動を目的として企業にもご寄付を呼びかける母体として「やまと」を予定している。呼びかけはまだしていないが、「やまと」の寄付金口座は従来通りである。「うずしお」は準備が整い次第お願いする予定である。

HPもなく、定款も規約も存在しない。そんなところに企業が寄付するとは思えない。今や、在特関連は「テロリスト支援」なのだ。そういえばチーム関西に支援をした「すみれの会」の時も企業から集めるって言ってたなぁ。

余命789記事(お知らせ)2016/5/25・・・・・今回の寄付のお願いについては、我々は当然であるが、在日や反日勢力も注目している。
最初から失敗することがないよう、是非参加をお願いしたい。
なお、企業についても支援要請を呼びかけるつもりである。

少額訴訟でなければ、東京地裁は「代理人=弁護士を求めてくる」けど、どうするの?

民事訴訟法では,原告は,原則として,被告の住所地を管轄する裁判所に訴えを提起すべきこととされています。

この方針が決まるまで「うずしおアンケート」は出せないだろうね。永遠に出せないことを私は願っているよ。

伏見相手の「名誉毀損」親告罪

余命1043記事(2016/7/18)  伏見ブログについて緊急のお知らせ!

16日の保守合同会議の中で余命の誹謗中傷を繰り返す伏見ブログについて近日中に刑事告訴することが決定された。
またあわせて民事損害賠償訴訟を起こすことも決定された

私相手の3件の民事訴訟

余命1922記事 (2017/9/2).....悪魔君は民事告発で3件準備中だが、すでに第六次告発「№231共謀罪」で告発されている。

に続いて3つ目の「不実行民事訴訟」になるかもね

1. はじめに(お願い)へ戻る  目次もあります